記事

株式投資の配当は損

1/2

今年の9月末、正確には27日、株価は「配当の権利落ち」で大きく下がったとか。配当の権利落ちとは、久しぶりに聞く用語のように思う。「それ、何」と思う場合はネットで調べてほしいが、簡単に説明しておく。

株式の場合、特定の日の株主名簿に記載された者に対してのみ、いろんな権利が付与される。配当を受け取る権利もその1つである。そこで、決算期末などの特定の日、株主を確定するために株主名簿が一時的に閉じられる。日本の場合は3月を決算期末とする企業が多く、その場合、3月末の株主名簿に載っている株主に対して配当が支払われる。また、その決算期の中間期末すなわち9月末に中間配当を支払う企業もある。その場合は9月末の株主名簿に基づく。

株主名簿に3月末や9月末に掲載されるためには、当然ながら、実際に株主になっていなければならない。しかも日本の場合、株式の買い注文が執行されても(つまり市場で株式を買えても)、実際に株式の受け渡しがなされるのは2営業日後(取引当日を含めて3営業目)である。

この慣行によると、今年の9月末の株主名簿に名前を載せてもらうための最終取引日は9/26である。翌日の9/27に買ったのでは9月末の名簿に載らない。カレンダーで確認してほしい。このため、9/26と比べて9/27の買いでは「配当の分だけ(正確には期待される配当の分だけ)損」なので、その損の分だけ理論的に株価は下落する。これが配当落ちである。
簡単にと言いつつ、長くなった。
では、本当のところ、配当は大切なのか。大切でないとは言わないものの、それが一番重要だとは考えられない

そもそも。配当がない企業、すなわち無配の企業は投資家から見て「ダメ企業」なのだろうか。日本ではそういうラベルが張られているが、実のところ無配の企業は、素晴らしいかダメかの両極端である。

というのも、アマゾンやグーグル(アルファベット)は、すごく儲かっているのに無配である。マイクロソフトもアップルも、大儲けしていたのに無配の時代が最近まであった。

何故なのか。儲かっているのに無配の企業は、「配当として支払うよりも、それを成長投資に充当したほうがはるかにいい」と考えている。成長し、それによって株価が上がることが株主のためになり、配当よりもはるかに望ましいとの考え方である。理論的には正しい。

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  3. 3

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  4. 4

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

  5. 5

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  6. 6

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  7. 7

    織田信成を告発 モラハラ受けた

    NEWSポストセブン

  8. 8

    政府が26兆円の経済対策を決定

    ロイター

  9. 9

    今井議員 半グレ疑惑男性と撮影?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    HIV新規感染 7割が男性同士のSEX

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。