記事

株式投資の配当は損

1/2

今年の9月末、正確には27日、株価は「配当の権利落ち」で大きく下がったとか。配当の権利落ちとは、久しぶりに聞く用語のように思う。「それ、何」と思う場合はネットで調べてほしいが、簡単に説明しておく。

株式の場合、特定の日の株主名簿に記載された者に対してのみ、いろんな権利が付与される。配当を受け取る権利もその1つである。そこで、決算期末などの特定の日、株主を確定するために株主名簿が一時的に閉じられる。日本の場合は3月を決算期末とする企業が多く、その場合、3月末の株主名簿に載っている株主に対して配当が支払われる。また、その決算期の中間期末すなわち9月末に中間配当を支払う企業もある。その場合は9月末の株主名簿に基づく。

株主名簿に3月末や9月末に掲載されるためには、当然ながら、実際に株主になっていなければならない。しかも日本の場合、株式の買い注文が執行されても(つまり市場で株式を買えても)、実際に株式の受け渡しがなされるのは2営業日後(取引当日を含めて3営業目)である。

この慣行によると、今年の9月末の株主名簿に名前を載せてもらうための最終取引日は9/26である。翌日の9/27に買ったのでは9月末の名簿に載らない。カレンダーで確認してほしい。このため、9/26と比べて9/27の買いでは「配当の分だけ(正確には期待される配当の分だけ)損」なので、その損の分だけ理論的に株価は下落する。これが配当落ちである。
簡単にと言いつつ、長くなった。
では、本当のところ、配当は大切なのか。大切でないとは言わないものの、それが一番重要だとは考えられない

そもそも。配当がない企業、すなわち無配の企業は投資家から見て「ダメ企業」なのだろうか。日本ではそういうラベルが張られているが、実のところ無配の企業は、素晴らしいかダメかの両極端である。

というのも、アマゾンやグーグル(アルファベット)は、すごく儲かっているのに無配である。マイクロソフトもアップルも、大儲けしていたのに無配の時代が最近まであった。

何故なのか。儲かっているのに無配の企業は、「配当として支払うよりも、それを成長投資に充当したほうがはるかにいい」と考えている。成長し、それによって株価が上がることが株主のためになり、配当よりもはるかに望ましいとの考え方である。理論的には正しい。

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  2. 2

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  3. 3

    無銭飲食? 領収書もたぬ安倍首相

    郷原信郎

  4. 4

    おにぎり35個万引きした元公務員

    fujipon

  5. 5

    米韓 米軍駐留費めぐる協議決裂

    ロイター

  6. 6

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  7. 7

    桜を見る会で国民は退陣を望むか

    橋下徹

  8. 8

    前夜祭の会費5000円は妥当な額

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    桜を見る会の批判 本質からズレ

    青山まさゆき

  10. 10

    沢尻容疑者めぐる陰謀論の疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。