記事

【談話】消費税率10%引上げについて


国民民主党代表 玉木 雄一郎

 『今の経済情勢なら、消費税率10%引上げは凍結すべき』国民民主党はこのことを強く訴えてまいりました。

 それはアベノミクスの7年間が、物価高を招きながら、一般世帯の可処分所得をほとんど増加させられなかったからです。

 そのような中での消費税率引上げは、消費全体を停滞させ、経済に悪影響となることは必至です。

 しかも多額の政府予算を投じて実施される引上げ対策にも問題があります。キャッシュレスポイント還元制度は、あまりに複雑かつ難解で、事業者と消費者の多くには恩恵どころか負担と混乱を与えるものであり、軽減税率は、適用範囲に疑念が残り、富裕層ほど恩恵を受ける欠陥的な制度です。

 国民民主党は、まず所得税減税や児童手当の増額で、国民の可処分所得を増やし、消費の拡大を通じた好循環を実現すべきと考えます。あらためて消費税率引上げに反対し、来るべき臨時国会で政府与党との論戦を通じて、国民生活を重視した政策の実現に尽力していきます。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。