記事

日産CEO候補に浮上 サントリー新浪剛史氏の電撃就任あるか

1/2
日産次期CEO候補に名前の挙がる新浪剛史氏(時事通信フォト)

日産内部から名前が挙がる関潤氏(右・時事通信フォト)

サントリーの経営に情熱を失ったのか?(左は佐治信忠会長)

鳥井信宏・サントリーHD副社長(AFP=時事通信フォト)

ゴーン時代の「負の経営」を払拭し、日産の再建を果たせるのは誰か?

 日産自動車は、西川廣人前社長兼最高経営責任者(CEO)が役員報酬を不正受給していたことが発覚、事実上“解任”されたことを受けて、指名委員会(委員長は経済産業省出身の豊田正和)が10月末をメドに次期CEOの人選を進めている。当初10人程度がリストアップされたが、候補者を3人に絞り込んだという報道があった。

【写真】日産内部から名前が挙がるCEO候補の関潤氏

 米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が9月27日、複数の関係者の話しとして、サントリーホールディングス(HD)社長の新浪剛史(60)、日産でパフォーマンスリカバリー(経営再建)担当で専務執行役員の関潤(58)、三菱自動車の最高執行責任者(COO)で仏ルノー元幹部のアシュワニ・グプタ(49)の3人の名前を挙げた。

 人選の基準は、国際経験豊富かつ、国内で確固たる評判を得ており、日産を揺るがす足元の問題とは関係のない人物だ。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  5. 5

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ制作の無責任 過剰演出も

    文春オンライン

  7. 7

    769億円で「幽霊法人」に発注か

    文春オンライン

  8. 8

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  9. 9

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    カイロ大卒は嘘 小池氏巡り証言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。