記事

日産CEO候補に浮上 サントリー新浪剛史氏の電撃就任あるか

1/2
日産次期CEO候補に名前の挙がる新浪剛史氏(時事通信フォト)

日産内部から名前が挙がる関潤氏(右・時事通信フォト)

サントリーの経営に情熱を失ったのか?(左は佐治信忠会長)

鳥井信宏・サントリーHD副社長(AFP=時事通信フォト)

ゴーン時代の「負の経営」を払拭し、日産の再建を果たせるのは誰か?

 日産自動車は、西川廣人前社長兼最高経営責任者(CEO)が役員報酬を不正受給していたことが発覚、事実上“解任”されたことを受けて、指名委員会(委員長は経済産業省出身の豊田正和)が10月末をメドに次期CEOの人選を進めている。当初10人程度がリストアップされたが、候補者を3人に絞り込んだという報道があった。

【写真】日産内部から名前が挙がるCEO候補の関潤氏

 米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が9月27日、複数の関係者の話しとして、サントリーホールディングス(HD)社長の新浪剛史(60)、日産でパフォーマンスリカバリー(経営再建)担当で専務執行役員の関潤(58)、三菱自動車の最高執行責任者(COO)で仏ルノー元幹部のアシュワニ・グプタ(49)の3人の名前を挙げた。

 人選の基準は、国際経験豊富かつ、国内で確固たる評判を得ており、日産を揺るがす足元の問題とは関係のない人物だ。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ東が報ステ視聴者奪う可能性

    NEWSポストセブン

  3. 3

    陽性率が低下 宣言2週間で効果か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  5. 5

    米国に課された多様性との融合

    松田公太

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  8. 8

    若者からの感染波及説は本当か

    青山まさゆき

  9. 9

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  10. 10

    韓国人権派の暴走で恥かく文政権

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。