記事

吉野家はシェア格差の壁を突破できるか

1/2
牛丼は吉野家のほうが美味しいのになぜすき家にかくも差をつかられるのだとうという素朴な疑問を持つ人は少なくありません。なぜでしょうか。

画像を見る

牛丼の味では「吉野家>すき家」だとしても、業績で「すき家>吉野家」なのは、競争の焦点が「牛丼の味」だけではないことが分かります。

もちろん、すき家の牛丼がまったく美味しくないというのなら、吉野家は味を訴求していけばいいのでしょうが、利用者がなにを求めて店を選んでいるかは、もっと多様だということでしょう。

牛丼戦争は当事者の人たちにとっては大変なことでしょうが、第三者として見ると、大変興味深く、マーケティングのいいケーススタディになります。なぜなら、まるで教科書に書かれているようなシェアの格差による冷徹なメカニズムがこの競争に働いているからです。

実は、すき家と吉野家の店舗数での格差はそう大きいものではありません。吉野家は国内でおよそ1200店、すき家は1500店で、ちなみに松屋は800店です。すき家の店舗数の伸びは大きく、店舗数でも格差はではじめています。

しかし問題は売上高の格差の大きさです。2010年3月期の決算を見ると、吉野家は海外売り上げが含まれていますが、1022億円、すき家は3342億円で、3倍以上の開きがあります。ちなみに松屋は620億円でした。

乱暴ですが、この3つのチェーンにすき家と同じゼンショーグループのなか卯を加えて牛丼チェーン市場が構成されているとすると、市場規模はおよそ5300億円になります。つまり金額シェアで見るなら、すき家が63%、吉野家は19%、松屋は12%です。

すき家のシェアは、シェアによる市場でのポジションの指標として知られているクープマンの目標値では、安定的トップシェア(41.7%)をはるかに超え、独占的市場シェア(73.9%)に近づいています。すでにこの業界では完全にリーダーのチェーンだと言えます。

すき家は、王道のようなリーダー戦略をとっています。メニューを広げ、つまりラインアップを揃えた総合戦略をとっており、牛丼以外のメニューの売り上げも相当大きいと推測されます。しかも、コスト優位をいかし、低価格メニューで顧客を吸収してきました。

すき家にとっては、同業界での競争よりは、ファーストフードのカテゴリーとの競争の段階に入ってきています。もう吉野家はライバルではなく、マクドナルド、あるいはケンタッキーがライバルです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  4. 4

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  5. 5

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  6. 6

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  7. 7

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  8. 8

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小室さん「8割超が応援」の衝撃

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。