記事

『おっさんずラブ』続編批判からあいトレ凸電まで 高度「神対応」社会が広がる日本 速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである - 速水健朗 おぐらりゅうじ

1/2

速水 今年の夏を振り返ると、戦後最も悪化したと言われる日韓関係の問題、その前には7月の参院選があって、香港でのデモが長引くなど、国際関係と政治関連で大きな事件がたくさんあった。どこから振り返ればいいかな。

おぐら それ以外に国内のニュースでも、ジャニー喜多川の死去(7月9日)、京都アニメーションの放火事件(7月18日)、小泉進次郎と滝川クリステルの結婚発表(8月7日)、千葉の台風15号による被害など、いろいろありました。

おぐらりゅうじ(左)=1980年生まれ。編集者。速水健朗(右)=1973年生まれ。ライター。

「何歳かな?」発言の小泉進次郎がSNSに参加しないのはなぜか

速水 小泉進次郎は、結婚発表が世紀のカップルと話題になり、その約ひと月後、9月の内閣改造で、目玉のサプライズ人事として環境大臣に抜擢。この辺りからずっとテレビのワイドショーを独占。ネットで叩かれる進ちゃんと、テレビに愛される進ちゃんの乖離が大きいね。

おぐら ネットでは、“進次郎ポエム”でも盛り上がりました。福島第一原発事故による汚染土の処理問題については「30年後の自分は何歳かな?」と答えたり、国連本部での環境問題に関する記者会見では「気候変動のような大問題に対抗するためには、楽しくなければならない。そしてクール、それにセクシーにね」と言ってました。

速水 SMAP世代だからね。あれからぼくたちはさ、何かを信じてこれたのかなあ。

おぐら あの頃の未来にぼくらは立っているのかな…って、小泉進次郎の世代は嵐ですけどね。だからちょいと重いのはBoo!  夢だけ持ったっていいでしょ? 

速水 ともかく、進次郎は発言に中身がないことが批判されているけど、そんな相手に口説かれたクリステルって……。

おぐら 人心掌握には長けてますから。恋愛においては、話の内容よりも雰囲気のほうが優先されるようなことが往々にしてあります。

速水 でも、まじめな話、進次郎は明らかにネットと距離を置いているよね。botみたいなブログは更新されているけど、Twitterやってない。

おぐら SNSは発信者と受け手の距離が近いっていうことで、多くの政治家が利用していますが。

速水 進次郎はそこは狙ってないんだよ。その選択が、一番の彼の明確な戦略って感じがする。

おぐら SNSをやらずとも、メディアがどんどん発言を拡散してくれますし。

速水 そして、小泉進次郎に関しては批判者も裏返しの支持者になってしまう。結局、ワイドショーもネットもずっと進次郎ばっかりネタにしているでしょ。アンチ含めみんなの関心を集め続けた泡沫候補のトランプが大統領になってしまった現実をなぞっている状態。

おぐら その流れでいうと、公共放送をぶっ壊すと喧伝している政党の党首も、積極的なメディア戦略で存在感を発揮しています。

速水 そこは、触れるのやめようよ。こっちもまさに批判が裏返しの支持になってしまうし。

「ガラケー女」「渋子スマイル」2019夏で話題になった2人の女性

おぐら 今年の夏は新しい女性のスターも登場しました。彼女の着ていたウェアも話題になって。

速水 あ、あれね。例のガラケー女?

おぐら 違います。あおり運転の事件も確かに話題になりましたけど。

速水 常磐自動車道の路上で後方の車を停車させて、降りてきた男が運転席の窓越しにガンガン殴りつけたのをガラケーで撮影していた女性じゃなくて?

おぐら その女性は別にウェアは話題になってないでしょう。ゴルフ界の新星、渋野日向子ですよ。20歳で全英女子オープンに優勝して、一気にスターになりました。  

速水 “渋子スマイル”のほうね。あれは抜群のパンチ力だった。あ、パンチといっても、あおり運転事件の話じゃなくて、ドライバーの飛距離の話。

おぐら 話題性からいっても“渋子スマイル”は今年の流行語大賞ノミネートは間違いなさそうです。

速水 だからといって、ファンやメディアが本人にスマイルを要求するのは行き過ぎだと思うけど。

おぐら ギャラリーとのハイタッチも話題になりましたが、ケガのリスクがあるということで、次の大会からは子ども限定にしましたね。

速水 今後はガラケーでの撮影にも応じないと。

おぐら ガラケーとか関係なく、撮影は子供でもダメです。

話題をさらった「あおり運転」に群がる意外な人たち

速水 またあおり運転に話を戻すと、常磐自動車道の事件は車載カメラのパンチ動画で一気に拡散したけど、愛知の東名高速のエアガン男っていうのもあった。

おぐら 盗難車でナンバーまで付け替えて、ネットで知り合った同乗女性を置いて逃げて逮捕状が出た事件ですね。

速水 車の事件では、ちょっと前まで高齢者のアクセル踏み間違いが最大の社会問題だと言われていたのに、ここへきて40代のDQNたちがどうしようもないっていう風潮が大きくなってる。

おぐら 40代はヤンキー漫画で育った世代で、ワルい=カッコいいと思う文化があるからじゃないかって指摘もあります。

速水 うーん、たしかに『ビー・バップ・ハイスクール』、『湘南爆走族』、『ろくでなしBLUES』、『カメレオン』、『特攻の拓』、『今日から俺は!!』とかで育ってはいるけど、そういう問題じゃないでしょ。


おぐら でも今の30代、20代になればもっと、ワルい=かっこいいっていう感覚は薄いと思いますよ。不良に憧れる層も減っているのでは。

速水 わかる気もする。でもさ、この問題、もう次の段階に行ってる。ネット動画の世界で、あおり運転動画関連へのアクセスが多いのを見込んで、あおり運転を誘発させる人たちがいるって。

おぐら あおり運転あおりユーチューバー!

速水 怒らせようと、わざと右レーンをゆっくり走って前方を塞いでブレーキをかけたりするやつが出てきているんだよ。もちろん、それは動画を公開するためにやってる。これが本当だったらかなり悪質。みんなの“わかりやすい悪者を見たい”を見たいっていう願望がこうした状況を生み出しているってこと。

「地上波でできないことに挑戦」? Netflixドラマ『全裸監督』への高評価

おぐら あおりといえば、ドラマ『全裸監督』の広告がけっこうな規模で展開されていました。

速水 渋谷駅をジャックして、「『コンプライアンス』に塗りつぶされるこの時代。」っていうポスターもたくさん見かけたね。

おぐら ただ、裸のシーンを引き合いに出して、これは地上波では無理、さすがNetflixという声については、ほめるところそこなの? って思います。Amazonプライムの『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のときも、過激な下ネタや股間のアップに喜んでいる人が一定数いましたけど。

速水 でも、地上波で流せないというのは本当だけどね。今の地上波でエロができないのは、スポンサーにクレームが行くのを恐れているから。昔からテレビで女性の裸が出ると苦情の電話はたくさん来たんだよ。でも、かつては局のプロデューサーとかスタッフ宛に苦情が来た。今のクレーマーは、苦情を直接スポンサーにぶつけるからね。

おぐら コンプライアンスの問題にしても、有料の動画作品は表現の自由度が高いことはもう前提で、だからこそ何をどう表現するかっていうことが一番大事なんじゃないの?って思います。

速水 そういう意味では、『全裸監督』は実際の話をかなり脚色し、しかも1980年代の話にうまく絞ったのが成功している。一方で、ポルノや黒社会の話を描きながら、主人公を美化しているという批判もある。これはばかばかしすぎるから無視でいいと思うけど。

本人不在で広がる「許可とってるの?」という批判の違和感

おぐら モデルとなった実在の女優に許可をとっているのか?という批判もあります。これについては、Netflixが配信停止の措置をとることはないんでしょうか。

速水 配信停止しないでしょ。

おぐら それは課金制でスポンサーもいないから、批判に応じる必要はないってことですか?

速水 地上波のテレビみたいな広告モデルだと、スポンサーへの電凸で番組が終わる可能性もあるけど。Twitterで「許可とってるのか」と指摘する人たちがいるってだけで、配信をやめろっていう話ではない。

おぐら でも許可をとっていないことは、ビジネスモデルの話ではなく、人権の問題になりませんか。

速水 そこには、ポルノ出演者=被害者みたいな決めつけがある気がする。黒木香本人が被害を訴えればそうかもしれないけど、本人不在で人権うんぬんっていうのは意味がわからない。少なくとも、これまでの黒木香がメディアに対して起こしてきた裁判にしても、AVへの出演を取り消したがっているわけではないし。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  2. 2

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  4. 4

    東京五輪後は一切面倒見ないIOC

    舛添要一

  5. 5

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  6. 6

    解雇規制緩和を主張する人の矛盾

    非国民通信

  7. 7

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  8. 8

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  9. 9

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  10. 10

    コクヨのぺんてる買収 TOBなのか

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。