記事

宮川サトシ ジブリ童貞のジブリレビュー特別編「高畑勲展〜日本のアニメーションに遺したもの〜」

1/2

幼少期に兄から「ジブリを見るな」といわれた漫画家・宮川サトシは、40歳にしてなお、頑なにジブリ童貞を貫き通してきた。ジブリを見ていないというだけで会話についていくことができず、飲み会の席で笑い者にされることもしばしば。そんな漫画家にも娘が生まれ、「自分のような苦労をさせたくない」と心境の変化が……。ついにジブリ童貞を卒業することを決意した漫画家が、数々のジブリ作品を鑑賞後、その感想を漫画とエッセイで綴る。 今回は 特別編

「高畑勲展〜日本のアニメーションに遺したもの〜」レビュー

先日、竹橋にある東京国立近代美術館まで高畑監督の展示にお邪魔してしてきました。

「お邪魔してきました」って書くと関係者みたいな感じがしますが、普通にローソンチケットで買ったピンク色のチケット片手に一人で勝手に行ってきただけの話です。編集部から「ここ行ってレポート書いてきて」みたいなことを言われたわけでもなんでもないです、完全なるただの趣味。お婆ちゃんが五円玉を紐でくくって亀とか作って玄関に飾ったりするじゃないですか、あれと全く同じ行為です。



…ただ、ですよ。確かに趣味ではあるんですが、会場に向かう電車の中で「これ以上のジブり行為ってある?」とも思ったわけです。高畑監督の作品を観ているうち、その創作の根っこの部分に触れたくなり、今私は自分の意志でジブりに向かっている。40年間ジブリ作品を観ることなく生きてきたこのジブリ童貞包茎男が、です。(誰が包茎じゃ!…包茎だけど)

なので今月はジブリ童貞のジブリレビュー初の特別編、「高畑勲展〜日本のアニメーションに遺したもの〜」についてのレビューを書いてみようと思います。館内は(一部を除いて)全面撮影禁止だったので、私のつたない思い出ジブリスケッチとともにどうぞ。

注)高畑勲展自体は10月6日まで開催されているので、これから勲る(いさおる)って人のために一応ネタバレ注意としておきますね、でもたぶん読んでもそんな問題ないとは思います。読んでから行ってよかった! と言ってもらえるようなレビューを書きたいと思っております。

あんまり展示とか行かない田舎者だから正直緊張した



実際、私のような皮っかむりのジブリ童貞がジブリの巨大砦とも言える「高畑勲展」に行くなんてのは、言ってみれば、割り箸で作ったゴム鉄砲持ってヤクザの事務所にカチコミに行くようなもの。かなり勇気のいる行為でした。

それに東京国立近代美術館って初めて行ったんですが、なんていうかセレブしか吸っちゃいけないお洒落な空気が建物全体からドクドクドクドク流れて出てるというか…正直に私には敷居が高かったです。ジブリとお洒落の二重苦。

ヤダなヤダな〜場違いなところに来ちゃったな〜…とウロウロしていると、こんな人たちがいました。


↑私も一人じゃなかったら誰かにこんな写真撮ってほしかったな…

ジブリ映えする写真を撮りたくなる気持ち。…なんだ、ジブリセレブもジブリ童貞も想いは同じなんだな…。ちょっとだけ安心できた私は、ローソンチケットを取り出して美術館の中に入ることにしました。

会場にはジブリ私服警官が潜伏している可能性も

言い訳みたいなことを書きますが、そもそもこの展示自体、開催されていることは知っていました。ですが、少なくとも高畑監督のジブリ作品だけは全て観て(「火垂るの墓」は小学生の頃に学校で観賞済み)、朝ドラの「なつぞら」もある程度鑑賞して、どうやってアニメが作られているか外枠だけでも把握してからと決めていましたので、こんな開催期間ギリギリになってしまったというわけです。

荷物を預けようとロッカーを探していたら、ロッカー前で二人のおばさんによるこんなやりとりを見かけました。


↑ジブリマウンティングを受けている人を生で初めて見た瞬間。

…あっぶな! ジブリレビューしてて本当に良かったと思いました。この会場にいるお客さん、全員がジブリ私服警官だと思った方が良さそうです。

気を引き締めていよいよ展示会場へ。

音声ガイドはマスト

入り口のところに音声ガイダンスが聞けるヘッドフォンを勧めてくるお姉さんがいました。

ヘッドフォンをするとすぐ耳が痛くなる私は一瞬考えましたが、お姉さんが配っていたチラシによると、音声ガイドの声の主が「なつぞら」で高畑監督をモデルにした人物・坂場一久(いっきゅうさん)を演じている中川大志さんだというではありませんか。

これは聞かないわけにはいかないなと、550円支払いました。この時「550個のどんぐりで支払う」という渾身のジブリジョークを思いつきましたが、550個もどんぐりの持ち合わせがなかったのでやめときました。



…で、この音声ガイドが本当に良かった! 中川大志さんの優しく落ち着いた語りが近代美術館の中にキーンと張り詰めていた空気をマイルドにしてくれますし、後半に詳しく書きますが、20箇所ある音声再生ポイントのラスト、20箇所目の音声ガイドを聞いてジブリ泣きしてしまいました。もちろんヘッドフォンで耳が痛かったからではありません。

各作品に携わったスタッフさんたちによる当時の裏話、各作品の主題歌も流れたりしてかなりの深度で没入できるので、音声ガイドはマスト中のマストです。女房を質に入れてでも550円は払うべき。(女房やすっ)


↑グェッ!てなりました

あわせて読みたい

「高畑勲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  4. 4

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 百田氏に「選挙出たら?」

    橋下徹

  9. 9

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  10. 10

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。