記事

抗議も執筆拒否宣言もテロである!

文化庁があいちトリエンナーレの交付金を出さないことにしたことが問題になっている。

表現の自由と公共の福祉のせめぎ合いになるが、わしは公共の福祉を拡大すると、表現の自由の幅が狭くなり、それを国家が推奨することは、巡り巡って公共を侵食することになり、危険だと思う。

そもそも少女像や昭和天皇の写真を燃やす作品が、芸術のはずがなく、反日プロパガンダでしかないクズであり、こんなものに抗議したり、過剰反応するから、価値を高めてしまう結果になっていく。
無視しておけば良かったのだ。
右派は左翼の罠にはまっている。

あんなクズ展示会より、わしのゴー宣「少女像は神聖不可侵じゃない」の方がはるかに凄い作品である。
それをSPA!が掲載拒否したので、WiLLに掲載してもらったが、それを読んだ人たちは「笑った、真実が分かった、面白かった」という意見が圧倒的である。
それを掲載不可にしたSPA!の方が日本の表現の自由にとって大問題のはずだ。

誰から来るかも分からぬ抗議の幻影に怯えて、作品の掲載を拒否するというところまで、雑誌は表現封殺に走ってしまっているのだ。

表現の自由を侵すのは、権力だけではない。
民間人による抗議が表現の不自由を促進するのであり、抗議やポリコレが表現の不自由を加速させているのだ。

抗議はテロであり、出版界はテロに屈する。
覚悟を問うても無意味である。
雑誌が売れない出版界にとって、抗議は生命維持装置を引きぬく行為に等しい。

抗議はテロである。
執筆拒否宣言もテロである。
表現の不自由を加速させ、民主主義を窒息させるのは抗議テロである。

わしは一人で百人を相手に議論してもいいと言ってるのに、ボツにされる。
わしに覚悟があってもムダだ。
出版界が衰退しているから抗議が一番効く。

わしは表現の自由を徹底的に守る!
わしが嫌な表現でも守る!
それは宣言しておく!

あわせて読みたい

「表現の自由」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  3. 3

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  4. 4

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  5. 5

    モテる男性が結婚繰り返す残酷さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    佳子さまの十二単姿に「麗しい」

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  10. 10

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。