記事

有名企業の社長に「ラグビー部出身」が多いこれだけの理由

1/2
W杯初戦は快勝した(撮影/藤岡雅樹)

TBSの佐々木卓社長もラグビー部出身(写真/時事通信フォト)

西武HDの後藤高志・社長(東京大学ラグビー部出身。写真/時事通信フォト)

 ラグビーW杯の日本大会は、日本財界の強力なバックアップに支えられている。その背景にあるのが、有名企業のトップには、なぜかラグビー経験者が多いという事実である。その理由を探ってみると、ラグビーとビジネスの意外な相関関係が見えてきた。

【写真】TBSの佐々木卓社長もラグビー部出身

◆組織のなかで責務を果たす

 ラグビーW杯で熱戦を繰り広げる日本代表。そのオフィシャルスポンサーを務める代表企業が、大正製薬である。同社の上原明・会長は、中高と成蹊学園ラグビー部に所属し、慶應大学でも同好会で活躍した生粋のラガーマン。その上原会長の強い意向があって、大正製薬は2001年より日本代表のスポンサーとなっている。

 ラグビー経験者が有名企業の経営者になった例は、数多い。ユニクロ(ファーストリテイリング)やローソンの社長を歴任し、現在はデジタルハーツHD社長CEOを務める玉塚元一氏(慶應大学ラグビー部出身)、TBSホールディングス社長の佐々木卓氏(早稲田大学ラグビー部出身)、日本製鉄会長の進藤孝生氏(一橋大学ラグビー部出身)など。彼らは、今回のラグビーW杯の有力な支援者にもなっている。

 野球やサッカーなど、ラグビーより競技人口の多いスポーツは数あるが、有名経営者として知られる人物にラグビー経験者が多い印象を受ける。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民議員「打倒安倍に国民辟易」

    岸本周平

  2. 2

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  3. 3

    習氏の国賓来日 自民議員が警告

    原田義昭

  4. 4

    野党の反対ばかり報じるマスコミ

    田嶋要

  5. 5

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  6. 6

    新型肺炎 今週末が流行の岐路に

    団藤保晴

  7. 7

    富裕層にむしられる貧困層の怒り

    田中龍作

  8. 8

    電話のフリで追及避ける杉田議員

    AbemaTIMES

  9. 9

    客を熱狂させるプロレスのお約束

    fujipon

  10. 10

    河井氏に1億5千万円振り込む意図

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。