記事

"年収1000万新卒"をぶっ潰す年功序列の陰湿

1/2

NECやくら寿司が提示した「新卒年収1000万円」が話題を呼んでいる。人事ジャーナリストの溝上憲文氏は、「日本企業ではいまだに年功序列の意識が色濃く残っている。職業経験のない“真っ白”な学生に対する破格待遇への妬(ねた)み嫉(そね)みは避けられないのではないか」と指摘する——。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/studiocasper

■職業経験ゼロの“真っ白”な新卒に年収1000万円

新卒年収がNEC1000万円超、くら寿司1000万円——。

従来の日本企業の常識を越える新卒年収を提示する企業が相次いでいる。ソニーも6月から新入社員に最大730万円を支払う仕組みを導入している。いずれも条件が限定された一部の採用である。

グーグルなど外資系企業ではこうした提示は珍しくないが、あくまで一定の就業スキルや博士号などを持つ専門人材に対する待遇だ。

これまで日本企業は、職業経験のない“真っ白”な学生の潜在能力のみを見て採用してきた。入社後に5~7年程度の育成期間を設定し、その後の実力で昇給・昇進が決まり、給与差がつくのが普通だ。

ただ、基本的には日本企業の賃金は年功序列と言われるものの、2000年初頭からすでに崩れ始めている。少なくとも30代前半から給与の格差が大きく拡大している。

■30代以降は給与格差が大きいが、育成期間の20代は差がなかった

2012年に産労総合研究所が上場企業約200社を対象に実施した同一企業内の平均給与格差(大卒総合職)を見てみよう(下記はいずれも、諸手当を含む所定内賃金の格差)。

●同一企業内の月給格差(上場企業約200社を対象)
35歳9万8000円
40歳15万円
45歳17万2000円
50歳20万円

賞与を月給の5カ月として計算した年収格差にすると35歳で約167万円、40歳で255万円、50歳で344万円になる。

この格差、従業員規模が大きいほど拡大するのも特徴だ。同調査によれば、1000人以上の企業だと、35歳で月12万4000円、40歳で月24万2000円の格差が発生する。同期入社でもこれだけの格差があるのだ。もはや年功序列とは呼べないかもしれない。

ただし唯一の例外が育成期間中の20代であり、それほど格差がつかないので年功序列と言っていいだろう。そうした日本式の「慣例」の中にあって新卒に1000万円とは破格である。

従業員1000人以上の大企業の電機産業の50歳(大卒総合職、勤続28年)のモデル年収が1006万円(中央労働委員会調査、2018年)。中堅企業であれば部長クラスに相当する年収であり、電機大手の親世代と同じ年収をもらうことになる。

■新人デジタル技術者に1000万円を払わざるをえない理由

はたして採用された社員は1000万円の年収に見合う成果を出せるのだろうか。

長年、人事の現場を取材している筆者としては、同質的な体質が色濃く残る日本的組織の中で、会社が「1000万円新卒」をうまく活用できるか、はなはだ疑問である。

じつはNECなどのIT企業と、くら寿司では採用目的が異なる。順番に「1000万円新卒」がなじむかどうか、検証してみよう。

まず、NECなどのIT企業だ。この分野の企業の人事部が求めているのは、製品化に貢献するAIやデータサイエンスなどの先端のデジタル技術者だ。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/metamorworks

たしかに近年、「デジタル技術者」の市場価値は高まっている。だが、それにしても、なぜ1000万円という高額の報酬を払ってまで新卒を採用するのか。背景には、中途採用人材の枯渇という事情がある。

■通常とは異なる賃金体系で高額報酬を提示する企業

すでに中途採用市場では大企業間で争奪戦が繰り広げられ30代前半で1500万~2000万円で転職している人も少なくない。大手人材紹介業の社長は「電機、自動車などの日本の大手企業でも優秀なデジタル技術者であれば最低でも1500万円、2000万円の年収を提示してきます。実際に35歳で3000万円の年収で日本の大手企業に転職した人もいます」と語る。

35歳で3000万円という額に驚く読者も多いに違いない。電機や自動車企業に勤務している人の中には「うちにはそんな社員はいないよ」と言うかもしれない。

だが、一般の社員には知られていないカラクリがある。前出の社長はこう語る。

「どの企業も自社の賃金体系の縛りがあり、同じ年代の社員よりはるかに突出した報酬を払うことはできないし、仮にそんなことをすれば必ず社員間で妬みや嫉みなどハレーションが起こります。それを避けるために一般的に2つの方法を使っています。

ひとつはAIやIT事業の別会社や事業グループをつくり、本体とは別の賃金体系で高い給与を支払う。似たような会社をシリコンバレーなど海外に設置している会社もあります。

もうひとつは正社員ではなく、契約社員として雇うやり方です。賃金体系に縛られないので高い報酬が出せます。転職する人は、最初は正社員を希望しますが、契約社員だと高い報酬がもらえるということで契約を選ぶ。若い人はその傾向が強いです。大手に入ったAIのエンジニアでは1年間2000万円、2年契約で入社した人もいます」

中途が多数を占める別会社であれば、本体の社員も知ることができない。また、契約であれば「社員ではないし、われわれと別格の人」という印象を持たれやすく、社員間の妬みも発生しにくいだろう。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  3. 3

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  4. 4

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  5. 5

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  6. 6

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

  7. 7

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    あたらしい党から3人目の離党者

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    元楽天・一場 自己破産していた

    SmartFLASH

  10. 10

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。