記事

ラグビーW杯 アイルランドに大金星――4年前「南ア戦の奇跡」とどっちがすごい? - 村上 晃一

 ラグビーW杯、世界ランク9位の日本代表が世界ランク2位のアイルランドに19‐12で大逆転勝ち。初のベスト8入りへ大きく前進した。

【写真】大金星アイルランド戦を写真で振り返る(全7枚)

 思い出されるのは「スポーツ史上最大の番狂わせ」と言われた4年前のW杯での南ア戦「ブライトンの奇跡」だ。では今回のアイルランドへの勝利と価値が大きいのはどちらなのだろうか?

 1991年の第2回大会からラグビーW杯を取材。前回大会の南ア戦も現地で取材していたジャーナリストの村上晃一氏に聞いた。

 構成=文春オンライン編集部


日本としてはW杯初の開幕2連勝となった ©JMPA

◆◆◆

ラグビー史から考えると「アイルランド」よりも……

――アイルランド戦は現地・静岡で?

「J-SPORTSでピッチサイドレポーターを担当していました。4万7000人のスタジアムの雰囲気はすごかったですね、日本ではこれまで感じたことがない盛り上がりで。ずっと歓声が頭から降り注いできた。あれはアイルランドには相当プレッシャーだったと思います」

――世界ランク2位のアイルランドに大金星でした。

「日本代表の素晴らしい逆転勝利でした。ラグビー界でも大きな『驚き』がありました。ただラグビー史から考えると、4年前の南アフリカ(南ア)への勝利の方がすごいんです。南アとニュージーランド(NZ)というのはラグビー界の2トップ、“東西の横綱”と言っていいでしょう。過去8度のW杯でNZは3度優勝、南アは2度優勝しています。

 その2カ国に唯一対抗してきたのがオーストラリアとイングランドで、他の国はなかなか勝てなかったんです。それを覆したので、前回の日本の勝利は真の『大番狂わせ』で世界中のニュースになったんです」

――そもそもラグビーは「番狂わせの少ないスポーツ」とよく言われますね。

「まずラグビーは半分格闘技なので、力の差がはっきり結果に出るんです。例えば相撲で前頭が横綱に勝つということはあまりないですよね。しかもラグビーは、野球のように表裏3アウトで平等に攻撃権を与えられることがありません。だから流れのなかでボールを奪えないと強いチームに80分間攻められっぱなしということも起こり得るんです」

――過去10度の対戦で日本はアイルランドに一度も勝てていませんでした。

「ただ前回の南ア戦勝利で、一気に日本の格が上がったんです。だからこの4年間で、世界のティア1(※)と呼ばれる10カ国全てとテストマッチを行なえた。それは試合を組んでもらえるくらい認められたということなんです

 そして実際にフランスと引き分けたり、ウェールズと3点差までいったり、イングランドに後半20分までリードしたり、と接戦を繰り広げてきたので、今回、アイルランドも相当警戒していたんです」

※ティア(Tier)1 …ラグビー界の「階級」。欧州6カ国(イングランド、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、フランス、イタリア)と南半球4か国(NZ、オーストラリア、南ア、アルゼンチン)。日本は中堅国にあたるティア2。

試合前のオッズは日本勝利が「10倍」

――イギリスのブックメーカーは日本勝利のオッズが10倍、アイルランド勝利が1.07倍と設定していたそうです。

「裏を返せば、アイルランドに対しては10回やって、1回勝てるくらいの力差にはなっていたということです。前回の南ア戦は100回に1回勝てるかどうかというぐらいのとてつもない差がありましたから」

――試合前にアイルランドは世界ランクで2位(1位はNZ)でしたね。

「この数年アイルランドの強化がすごく上手くいっていて、昨年はほぼ負けなかった。欧州6カ国対抗で優勝しヨーロッパ王者になり、NZにも勝った。もともとワールドラグビーはアイルランド、ウェールズとスコットランドが1886年に国際ラグビーフットボール評議会を作ったのが始まりなので、『古豪中の古豪』という存在ですね。

 そして今まさに実力のあるチームですから、日本がそこに勝ったことはやはり『驚き』ではあるんですね」

――強い古豪に新興チームが勝った。

「相撲で言えば、前頭筆頭が横綱に勝ったような、ボクシングで言えばミドル級がヘビー級を倒したような感じでしょうか。ミドル級のボクサーが動き回ってかく乱して、ときどき効果的なパンチを当てる、日本はそういうスタイルで戦いました」

――なぜ日本はアイルランドに勝てたのでしょう?

「一番は『よく練習したから』なんです。時間をかけて練習して、技を磨いて、ミスなくボールがつなぐ。ディフェンスでも大きな選手に2人でタックルして、そしてタックルしたらすぐ立ち上がる、というのをひたすら80分繰り返せたからです」

――ラグビーの日本代表は、サッカーなどに比べても代表合宿期間が長いですよね。

「今年に関して言えば、チームは2月から始動して8カ月間、基本はずっと行動を共にしてきました。もちろん合間に休みを取って、選手の入れ替えもあるんですけど」

ミリ単位で修正したスクラム

――他の国はどうなんですか?

「例えばヨーロッパだと各選手が所属するプロクラブの試合がまずあって、代表の試合はそこに挟まってくる。だから国代表で行動している時間は日本よりも短いですね。

 日本は今年W杯の自国開催が決まっていましたから、とくにこの10年間は代表が活動しやすいように予定を組んで、強化にものすごく時間をかけてきたんです」

――そういえば、アイルランド戦ではスクラムで優位に立てたのが大きかったと思います。

「これもしっかり練習時間をかけた成果です。長谷川慎コーチのもと、8人で組むスクラムをずーっと研究して、磨いてきたんです。スクラムは体重だけでなくて、自分の力がいかに相手に伝わるかが大事なんです。8人、ひとりひとりの細かいルーティン――膝の角度、関節の動き、隣の選手との組み方(バインド)――まで気をつけて、何cm、何mmの単位で調整してきた。精密機械をつくるようにスクラムを組んでいます。そのくらいしっかり練習してきたんです」

――アイルランド戦で勝利の鍵になっていた選手は誰でしょうか?

「個々の名前を挙げれば、松島(幸太朗)、センターのラファエレ(ティモシー)、途中出場だったリーチ(マイケル)……みんな良かったんですけど、ゲームをコントロールしているのはやっぱり、10番スタンドオフの田村優。

 ラグビーは混沌とした状況がずっと続きますが、そのぐちゃぐちゃしたなかで、次にゲームがどうなるかを読む。田村はその『読み』も優れているし、司令塔として判断してから選択するパス、キックも正確ですから」

――アイルランド戦での田村選手のポイントは?

「前半からあまりボールを蹴らずに、きちんとつないでいました。どんどんボールを動かしたことで、それに合わせて走らされたアイルランドの選手たちに疲れが見えた。そういう風にゲームプランを遂行する中心にいたのが田村です。

 じつは田村は初戦ロシア戦ですごく緊張していて、『この時間が早く終わって欲しかった』と本人が言うくらい良いプレーが出来なかったので、しっかり挽回してくれました」

――初の8強入りを目指して、サモア戦(世界ランク16位)、スコットランド戦(同8位)が控えています。

「まずはサモア戦ですね。サモアは個々の能力が非常に高いので、ちょっとでもスキを見せると簡単にトライを取ってきます。ただしアイルランド戦のようにしっかりスペースを消すディフェンスが出来れば大丈夫です。

 このあと2つの試合を油断せず、100%以上の力を出して、前回叶わなかった8強入りを決めて欲しいと思います」

(村上 晃一)

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。