記事

「奇跡」ではなく「必然」、日本がアイルランドに勝った本当の理由 W杯優勝候補アイルランドに勝利したラグビー日本代表 - 大元よしき (ライター)

W杯優勝候補の強豪アイルランドに見事初勝利したラグビー日本代表。「奇跡」ではなく「必然」の結果だと口を揃える選手たちが歴史的な一戦を振り返る。

地鳴りのような歓喜

エコパスタジアム(静岡県)は歴史的勝利の瞬間、地鳴りのような歓喜に震えた。

ワールドカップ日本代表の第2戦は世界ランク2位のアイルランド。日本は過去9回対戦して全敗。ラグビーの伝統国であり優勝候補の一角を占めるヨーロッパの強豪である。

日本は序盤こそアイルランドの巧緻さに後手を踏んだが、時間の経過とともに落ち着きを取り戻し、しぶとくアイルランドの攻撃の芽を摘み取って「19-12」で勝利を収めた。

試合は前半から動いた。開始から4分、日本がペナルティゴール(PG)を狙うも得点はならず、8分にはアイルランドが日本陣内で得たペナルティから逆サイドにキックパスでトライをねらうというオプションを使った。

アイルランドはシンプルでオーソドックスな攻めを用いることが多い。タッチキックからラインアウトモールでトライを狙うという力技かPGという選択肢があった。だが、意表を突いたのだ。

孫氏の兵法に「兵は詭道なり」という言葉がある。狭義には敵の戦力が充実しているところを避け、備えのないところを攻めるという意味なので、日本の力・強さを十分理解したうえでそこを避けたということだろう。

アドバンテージが出たらキックがあると意思統一して修正

その後、13分のトライも20分のトライもフォワードの波状攻撃から一転、キックパスによって生まれたものだ。試合後、フルバックの山中亮平は1本目のトライについて「ボールが見えていなかった。蹴られたあとの戻り方も悪かった」と振り返っている。以降、アドバンテージが出たらキックがあると意思統一して修正を図った。その後もアイルランドは日本の固いディフェンスをかわすようにキックのオプションを使ってきたがディフェンスを崩すまでには至っていない。

この間、日本はPGを1本返しているので「3-12」。その後、日本は田村が2本のPGを決め「9-12」で前半を折り返す。リザーブスタートだったリーチ・マイケルが選手の負傷交代によって早めにピッチに入ったことも大きく流れを手繰り寄せた要因だろう。

司令塔のスタンドオフ田村優の恐ろしく冷静に点差を詰め寄っていく試合運びがファンにとっては頼もしかったことだろう。ゴールをねらう瞬間の静けさはアイルランドも日本もなく、みんなが試合と一つになって共に作り上げていた証である。

後半8分日本ボールのスラクラムがペナルティを取られ、タッチキックからゴール前ラインアウトというピンチをロックのトンプソン・ルークが相手ボールをスティールして救った。

9-12、もう勝てると確信

その後、16分にスクラムハーフの流大(ながれゆたか)に代わり田中史朗が入る。流は「フォワードがタフにコンタクトして、バックスリーのディフェンスも頑張ってくれました。あの点差(9-12)であの状況で史さんに受けわたしたときには、もう勝てると確信していました」とプラン通りに進められた自信を覗かせた。

19分にはショートサイドを突いたバックス陣が超絶のパスワークを見せ福岡堅樹がゴールラインに飛び込んだ。「ティム(ラファエレ・ティモシー)があそこでもらった時点で絶対に放ってくれるのはわかっていましたし、ティムも自分がそこにいるのが分かっていたので見ずに放ってきました。お互い阿吽の呼吸です。ティムを信頼して自分は走り抜けるだけだと思ってもらいました。もらう気満々でした」と笑顔がはじけた。

さらに、31分にPGからの加点により「19-12」と引き離し勝利を収めた。後半の後半はシンプルで激しいアイルランドの猛攻が続いたが、日本は理詰めの、それでいてど根性と書きたくなるような激しいタックルを見せ満員の観衆を沸かせた。特に強力なアイルランドフォワードを相手に日本人ばなれしたプレーで身体を張り続けたフランカー姫野和樹の強さは特筆すべきものだ。

「フォワードが前に出られるかというブレイクダウンでかなりやれたと思っています。ボールをキープし続ける中で相手が我慢しきれずペナルティというプラン通りの展開になりました」と振り返り、フォワード勝負で競り勝ったという自信に満ち溢れていた。

アイルランドは本大会の開幕時は世界ランク1位だったチームである。そこに乾坤一擲の大勝負を懸け制したのである。まさに歴史的な勝利といえる。試合後の会見でアイルランドのジョー・シュミットHCは「日本におめでとうといいたい。エネルギー、強度が素晴らしかった。最初の4分の1は12-3でコントロールできたが、時間が経つにつれ、向こうに酸素が行った。ペナルティを犯し躊躇い、向こうに勢いがついた。日本はスキルのクオリティが高く期待通りタフで強いチームだった」と語った。

日本のジェイミージョセフHCは「我々は3年間掛けてこの試合に焦点を当ててきた。すべての選手、スタッフが協力してくれた。アイルランドは明らかにクオリティの高いチームだが、自分たちの信念を貫いて闘いテストマッチに勝った。先週のロシア戦はプレッシャーがかかったが、今日は持ちこたえた。ラグビーコーチとして今日の勝利を嬉しく思う」と表情をやわらげた。


強豪アイルランドにスクラムも組み負けずスタジアムを沸かせた(写真・編集部)

世界ランク2位を破った今だからこそ日本代表の真価が問われる

また、この日、急遽メンバーに組み込まれた福岡堅樹は、「ジェイミーと相談しパフォーマンスを優先して、100%できる状態で出るほうがいいということで、最初はメンバーから外れていました。でも急遽出ることになり、サインプレー等の準備については、お互いに確認したり、入る人によって変わる(ディフェンスの)布陣もあるので、細かいコミュニケーションは前日と当日でやってうまく機能してくれてよかったです」と語り安堵の表情を浮かべた。

最大の見せ場となったインターセプトのシーンは「100%ではない状態だったので、スピードが乗り切れなかったんです。走りながらモニターを見て、全然離せていないことがわかっていたので何とか味方につなごうと思いました。最終的にゲインしてマイボールという形で流れを変えるプレーができました。最低限の仕事にはなったかなと思っています。あれを取っていたら最高の形だったと思うんですけど、それは残り2戦でそういうトライを取りたいと思います」と意気込んだ。

また、会場の雰囲気については「声援が後押しになりました。自分たちがいいプレーができたときの盛り上がりは日本のW杯を実感させてくれるような最高の声援でした。目標のベスト8に向けてチームとしてしっかり準備をしていきたい」と気を引き締めた。

この日リザーブスタートだったキャプテンのリーチ・マイケルは、「リザーブと聞かされたときは、自分のパフィーマンスのせいだと思いました。そこはポジティブに切り替えてチームが勝つための準備をいつも通りやっていました。ベンチから見ていて、みんな頑張っていたので僕が出た時は、ボールキャリーから、タックルからガンガン行こうと覚悟をきめていました。強い日本を見せるとずっと言い続けてきてよかったと思っています」と振り返った。

随所に好プレーを見せた姫野和樹は「勝って兜の緒を締めるじゃないですけど、残り2戦サモアもスコットランドも強敵なので気を引き締めていかなければなりません。今日は勝利の余韻に浸りますけど、明日以降は次の試合に向けてメンタル的にもチェンジしていきたいと思っています」と言葉を締めくくった。

世界ランク2位のアイルランドを破った今だからこそ日本代表の真価が問われる。その強さ、全世界に示してほしい。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。