記事

消費税は10%へ:万全の景気対策を講じ、全世代型社会保障の実現に全力を尽くす

来週10月1日から消費税が10%に引き上げられます。
引き上げの増収分により、財政の健全化と同時に、子どもからお年寄りまで全ての世代が安心できる全世代型社会保障への改革を進めます。

これまでの社会保障は高齢者中心でしたが、子ども若者に大胆に投資し、10月から幼児教育・保育の無償化として、3〜5歳の全ての子供たちの幼稚園・保育所・認定こども園の利用料を無償化します。
所得の低い世帯については0〜2歳の子供たちの保育料を無償化し、
こうした世帯には高等教育についても、大学や専門学校等の授業料減免の制度を創設して、給付型奨学金の支給を大幅に拡充します。
また、所得の低いお年寄りの方に対して、年間最大6万円の年金生活者支援給付金を支給するほか、介護保険料の負担を軽減します。

消費税率の引上げに際しては、所得の低い方々への配慮の観点から、軽減税率制度を実施します。
軽減税率制度では、日々の生活において幅広い消費者が購入している飲食料品(酒類・外食を除く)等に係る税率を8%とすることにより、家計への影響を緩和します。

また、消費税率引上げ時の消費の変動を乗り越えるよう、対策を講じています。
キャッシュレスによるポイント還元事業として、10月以降、中小小売店等で、現金を用いずにお買い物をした方に、原則5%のポイント還元を実施します(フランチャイズチェーン加盟店等は2%還元)。

所得の低い方や3歳未満のお子様がいる子育て世帯の方を対象に、市区町村がプレミアム付商品券を販売します。
対象の方1人につき、2万5千円分の商品券を2万円で購入できます(5000円単位での分割購入も可能)。
購入した商品券は、10月から来年3月までの間、市区町村の様々なお店で利用することができます。

10月から来年12月末までに入居される方の住宅ローン減税の拡充や、新車購入時の自動車税の軽減といった、駆け込み需要・反動減への対策も講じています。

財政健全化と経済の再生を両立させ、全ての世代が安心できる社会保障を作り上げることに内閣を挙げて取り組んでまいります。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。