記事

【法律相談】オートロックが効かず窃盗発生 責任は?

オートロックは万全ではないが…

 防犯対策で頼りになるのがオートロック。一人暮らしの女性の中には、オートロック付きの物件を絶対条件に上げる人も多いが、オートロックが無効になった状態で窃盗が発生した場合、責任は誰が負うべきか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 空き巣の被害に。原因は私のカギのかけ忘れ。ただ、マンションはオートロック式。でも、引っ越し業者が出入りし、ドアを段ボールで目張り、誰でも敷地内に入れる状況でした。この場合、悪いのは私か、ドアを開けっぱなしにしていた業者か。それとも業者や住人に注意喚起を怠った管理会社になりますか。

【回答】
 マンションの玄関のオートロックは、不審者の立ち入りを防ぐことができ、防犯上も有効です。オートロック機能は、上質なマンションの不可欠な条件ともいえます。

 オートロックを無効にすれば、外部から侵入できるのは誰でもわかる常識です。引っ越し業者は、オートロック機能を無効にすることで発生が予見できる結果について、結果発生を回避できる措置を取らなかったとすれば、その結果発生した損害については不法行為責任を負います。

 各居室は施錠されているのが普通ですが、時として忘れることもあります。立ち入った不審者によって、窃盗などの事態が起きることは予見できます。業者は管理会社と連絡の上、立ち入り者を確認する見張りを立てる、居住者にオートロック機能が停止する時間帯を予告し、施錠を促すことなどで侵入者による被害を相当程度防止できるはずで、こうした対応をしなかった業者の責任は問題です。

 しかしながら、防犯で最も重要なのは各戸の施錠。オートロック機能が作動していても、住民の後ろについて入ることもでき、万全ではありません。施錠忘れは居住者の重大なミス。あなたが損害の賠償を請求しても、大きな割合で過失相殺されそうです。

 管理会社の責任は、どんな管理体制を取っているかによります。管理人が常駐しているような場合や、そうでなくても遠隔監視しているのであれば、引っ越し業者の行動を承認、もしくは少なくとも黙認していたのではないかと思われ、責任はむしろ管理会社になる可能性もあります。

 ただ、前提として、あなたが泥棒の被害に遭ったことと、犯人はオートロックの無効時間内に侵入した者だといえる証拠などを揃え説得できないと、引っ越し業者から賠償を受けることはできません。

【プロフィール】竹下正己●1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2019年10月4日号

あわせて読みたい

「窃盗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    JTBがGoToトラベルの情報を独占

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。