記事

赤字国債で「高齢者大還元」を続ける年金の末路

1/2

年金は「現役収入の5割」が約束されていた

2019年8月27日、厚生労働省から年金の財政検証が公表された。財政検証は、5年に1度の年金財政の定期健診とも呼ばれ、将来の経済状況や人口動態に一定の前提を置き、今後約100年間の年金財政の姿を描き出す作業である。


写真=iStock.com/minokuniya
日本の年金制度は相変わらず高齢者優遇で運営されている(※写真はイメージです)


それを受け、翌日の各紙は「年金 現役収入の5割維持」(読売新聞)、「30年後に2割減」(朝日新聞)などと報じた。5割維持、2割減とは、年金給付水準を測る代表的指標である所得代替率(※)が、2019年度の61.7%から、経済成長と労働参加の進行を前提とすれば、段階的に低下しつつも、最終的に2割減、すなわち約50%で下げ止まるということを意味している。

こうした財政検証の結果をどのように受け止めればいいのだろうか。必要な政策はどのようなものであろうか。

(※)年金給付時の年金額が現役世代の平均手取り収入の何%になるかを示す指標。所得代替率が下がるということは、年金受給者にとっては給付水準の引き下げとなり、経済的な痛手であるが、年金財政にとっては支出の抑制となり健全化の方向に働く。

2004年改正の意図に反し所得代替率はむしろ上昇

段階的に給付水準を下げつつも所得代替率5割が維持される(表現を変えれば現状から2割減)というのは、今から15年前、2004年の年金改正で示されながら、実際には起きなかった(予想通りにならなかった)姿である。起きなかった姿が、2009年、2014年それぞれの財政検証に続き、今回も示されている。

2004年、100年安心のキャッチフレーズのもと、高齢化が進行するもとでも年金財政を持続可能なものとするため、2017年まで小刻みに国民が支払う保険料率を引き上げ、同時に段階的に国民が受け取る給付水準の引き下げを図る年金改正が行われた。給付水準引き下げを図るための仕組みとして導入されたのが、マクロ経済スライドである。それによって所得代替率は2004年の59.3%から段階的に引き下げられ、2023年に50.2%となり、以降は維持されるとの姿が示された(図表1)。

ところが、2004年改正時の想定では2019年に51.6%となっているはずの所得代替率は、蓋を開けてみれば61.7%とむしろ上昇している。こうした事態が生じている理由として、2004年改正以降の経済状況がしばしばあげられるが、期待通りに機能を発揮するか否かが、経済状況に左右されるマクロ経済スライドの設計にあるといった方が正確である。

2004年改正前、年金額は、現役世代の賃金上昇率と同率で改定されるルールとなっていた。これを賃金スライドという。所得代替率は年金額/現役世代の賃金として定義されるから、常に59.3%が維持されていた。2004年改正では、このルールをいったん棚上げし、賃金上昇率から一定率(スライド調整率)を差し引いた伸び率での年金額改定にとどめることとされた。

こうしたマクロ経済スライドのもとでは、現役世代の賃金ほど年金額は増えないため、所得代替率は時間の経過とともに低下していく。2004年の年金額23.3万円、現役世代の賃金39.3万円、2004年以降の賃金上昇率2.1%、スライド調整率0.9%とすると、19年後の2023年の所得代替率50.2%は次のように導かれる。

2割増しの過剰給付を赤字国債でまかなう歪み

ただし、ここが重要なポイントだが、年金受給者の生活へのダメージを回避するため、前年の年金額は維持するという歯止めが設けられた。例えば、現役世代の賃金上昇率0%、スライド調整率0.9%であった場合、年金額をマイナス0.9%の改定とするのではなく、前年と同額に据え置くこととされた。これを「名目下限措置」という。

名目下限措置は、現役世代の賃金が伸びなかった場合に備えた緊急避難措置として設けられたものであったが、実際には、2004年改正以降、現役世代の賃金は伸びず、名目下限措置が常態化した。マクロ経済スライドが実際に機能したのは2015年と2019年の2回にとどまり、所得代替率は高止まりしたまま今日に至っている。

2019年の所得代替率実績61.7%と2004年改正で想定されていた51.6%の差は10.1%ポイントもあり、この部分はいわば過剰給付なのだ。すなわち2004年改正時の想定よりも2割増しということになる(10.6÷51.6)。将来世代のためにとっておくべき積立金の前倒しでの取り崩し、および、赤字国債によって賄われている。積立金の前倒しでの取り崩しは赤字国債と同値だ。こうした現実を踏まえ、2019年の財政検証を捉え、必要な政策を考える必要がある。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  4. 4

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  7. 7

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  8. 8

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  9. 9

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  10. 10

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。