記事

関電 電気料金値上げの裏で 業者から役員20人が3.2億円受領

2011年から7年間、関電会長、社長など役員20人が、原発関連工事を受注した土木建築業者から、3.2億円の金品を受け取っていたことがわかりました。

関電が値上げをしていた時期と重なり、契約者には経営が厳しいので、値上げをお願いしながら、役員は裏でお金を受け取り、懐を肥やしていたことになります。

原発工事で不当に懐を肥やし、会社への背信でもあり、電気利用者への背信、社会への背信でもあります。

過去に同様のお金の動きはないのか、誰にいくら金品が渡されたのか、政治家は関与していないのか、関電は広く説明をする責任があります。

あわせて読みたい

「関西電力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  3. 3

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  4. 4

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  5. 5

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  6. 6

    竹島巡る韓国・北朝鮮の自爆行為

    高英起

  7. 7

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    ヘリから女性落下 消防庁が謝罪

    AbemaTIMES

  10. 10

    嫌韓言説は本源的な暴力性の発露

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。