記事

関電 電気料金値上げの裏で 業者から役員20人が3.2億円受領

2011年から7年間、関電会長、社長など役員20人が、原発関連工事を受注した土木建築業者から、3.2億円の金品を受け取っていたことがわかりました。

関電が値上げをしていた時期と重なり、契約者には経営が厳しいので、値上げをお願いしながら、役員は裏でお金を受け取り、懐を肥やしていたことになります。

原発工事で不当に懐を肥やし、会社への背信でもあり、電気利用者への背信、社会への背信でもあります。

過去に同様のお金の動きはないのか、誰にいくら金品が渡されたのか、政治家は関与していないのか、関電は広く説明をする責任があります。

あわせて読みたい

「関西電力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  2. 2

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  3. 3

    東京コロナ警戒レベル「最大」に

    ロイター

  4. 4

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  5. 5

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  6. 6

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  7. 7

    GoToの旅行に税金使われる違和感

    中川 淳一郎

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    浅田真央 彼氏がいた過去を告白

    文春オンライン

  10. 10

    併用で75%還元も? GoToの要点7つ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。