記事

私たちはもっと「相手が言ってることに反論する」のでなく「相手側の懸念を解決する」ことを言うべき

1/2

●脅迫電話が大量にかかってくるような社会はやっぱ良くないよね

愛知トリエンナーレ「表現の不自由展」の補助金問題でまた色々と平行線的な議論がまきおこっているようです。

私はフツーにリベラルな人間なので、手続き的問題とか関係者がどう行動するべきだったかとかそういう具体的な細部の問題を除けば、誰にとって不快だろうとなんだろうと出来る限りどんな表現でも保護されるべき、と考えている人間だし、あの展覧会がもうちょっと続いていれば行こうと思っていたし、中止になった時には、「右翼さんから見ても、相手を”殉教者”みたいにしちゃうこういう判断って最悪手だったんじゃないの」と思いましたし、バンバン脅迫電話したりする人がたくさんいたという話には心を痛めます。

特にこの「脅迫電話が沢山かかってきてしまう現状」自体に、なんとかしなくちゃいけない社会の問題が実際にそこにあることをヒシヒシと感じます。中止にしたこととか補助金がどうこうとかの話以前に、そこをなんとかしたい。

脅迫電話がかかってきまくる状態で、それでも表現の自由を絶対守るぞ!!!となると、それこそフランスのシャルリ・エブド事件みたいな話になってもおかしくないわけで、そこまでして表現の自由って大事なのかみたいなことを考え始めると永久に答がでないですよね。

だからこの問題をちゃんと解決したいなら、そもそも「脅迫電話かけてくる人数が減るような社会にしよう」というところがやっぱり大事なんじゃないかと。

で、じゃあそれをどうやったら解決できるかと考えた時に、単に「表現の自由を守れ」的な題目を唱えることだったり(もちろんキレイゴトをちゃんと言うということ自体大事なことなのでソレをやめるべきではないと思いますが)、単に「日本はもうダメだ!こいつらはカスだ!ほんと日本人て品性下劣なヤツらばっかりでため息でるよね!」みたいなことを言いまくって余計に相手側の怒りに火を注ぐことしか方法がない・・・というのも、少し工夫がなさすぎるんじゃないかと思います。

●そもそも表現の自由を無制限に認めることが社会の幸せに繋がるのか?が問われている。

そこで考えてみてほしいことがあるんですが、この「表現の不自由展問題」で、私たちリベラル人士が対峙している「議論の相手」がそもそものところで問題にしているのは、

「無制限な表現の自由を認めることが、はたして人々の幸せに繋がるんだろうか?」という問い

なんですよね。そして彼らは、それにある程度「NO(無制限の表現の自由は人々の幸せにならない)」だと考えている・・・という現状がある。そういう人に対して

「表現の自由を守れ!」って言っても相互コミュニケーションに全然ならない

・・・ですよね?

繰り返すように「キレイゴトだろうと言い続けることが大事」というのは重々承知ですが、相手側がなぜそういうことを言っているのか?を理解する努力をすれば、もう少し生産的なコミュニケーションになって、実際に「脅迫電話かけてくる人数」を減らしていけるような効果を持てるんじゃないかと思います。

個人的には、単に「お題目を唱える」のは必要だからいいとして、「ほんと日本人て下劣な国民になりさがってしまった!」みたいなことを言いまくること自体が、さらに脅迫電話をかける人数を増やしてるという因果関係は本当にあるんじゃないかという確かな実感がありますよ。

汝の敵を愛せよ。人は理解することでやっと理解されるのである。

●「相手が言ってることに反論する」のでなく「相手側の懸念を解決する」ことを言うべき

では、どういう言論をしたら生産的になるかというと、(単に”表現の自由が守られていないから問題だ”と言うだけでなくさらに一歩踏み込んで)

「無制限の表現の自由を認めることが、あなたがたが生きている社会を幸せにする効果があるんですよ」

ということを説得していくしかないんですよ。しかも、できることなら

”相手が心を痛めているタイプ”の社会の問題を解決していくことにおいても、これを守ることは必要か、あるいは少なくとも邪魔にはならない

ということを説得できることが望ましい。これは”必ず”ということになると個人に対して封殺的すぎる流れになる可能性があるから”必ず”とはいえないが”より望ましい形”としては、ですね。

要するにお互いが「相手が言ってること」に反論してっても無意味で、そうじゃなくて

「相手がそれを主張する理由・懸念事項」の方を理解するようにして、「それはこちらの意見を飲んでも解決できますよ」ということを主張する

ことが、この「論戦」を単なる平行線的な罵り合いに終わらせないために重要なテクニックということになります。私は今度出す新刊「みんなで豊かになる社会はどうすれば実現するのか?」においてこれを「メタ正義感覚」と呼んでいます。

●自分たちの理想がみんなを幸せにするんだと説得し、信頼を得なくては

要するに、今の時代の「意識高い系の仕切り方」自体に、社会運営上の色々な言語化しづらい深い課題に対して、ちゃんと的確にハンドルする慎重さと責任感を持ち得ていない(真偽はともかく少なくとも民衆の本能からそう判断されてしまっている)ので、「古い社会」の方が警戒して反発してきている・・・みたいな因果関係があるわけですよね。

民主主義国家というのは、いざ選挙に勝ったら明日には「自分たちが全権を握れる」制度なわけで、主張していく人間には、「明日自分たちが権力を握っても、ちゃんとその権力を適切に使える準備はできてるぜ」という責任感が求められる。

その「責任感」から逃げている分だけ、「知的な議論」というフォーマットに対して社会が「権力」を与えることを躊躇させてしまう。

要するに「政治的な表現の自由を制限したくなる社会」というのは、私たちリベラルな政治勢力にちゃんと現実を差配する能力があると思われていない、「信頼されていない」ことの裏返しみたいなところがあるわけです。

「信頼」させることができれば、フリーハンドを与えてもいいな、と「民衆の本能」が判断してくれる。そのことによって「お題目」にちゃんと地に足ついた実効性が生まれるようになるでしょう。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  3. 3

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  4. 4

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  5. 5

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  6. 6

    竹島巡る韓国・北朝鮮の自爆行為

    高英起

  7. 7

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    ヘリから女性落下 消防庁が謝罪

    AbemaTIMES

  10. 10

    嫌韓言説は本源的な暴力性の発露

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。