記事

安倍政権はやる気があるのか

10月4日から始まる秋の臨時国会に政府与党が提出する法案数は15本になると言われています。例年に比べて少ないものです。

先の通常国会でも政府与党提出法案は、著しく絞られていました。参院選前に波風を立てたくない与党の戦略と言われていました。ただ、選挙の終わったこの秋の国会でも法案数はかなり絞られています。

安倍政権はやる気があるのか、と思います。すなわち、政権を握って国を良くしていくためには、色んな新しい法律案を出して物事を変えていかなければなりません。

しかし、最近の安倍政権を見ていると、そんな風には全く見えないし、かなり絞られた提出法案数がそれを物語っています。

では、憲法改正を最重要課題としてやっていきたいということか。そうであるかはこの臨時国会の安倍政権の出方を見極めていきたいと思います。

もちろん、憲法改正より、目の前の国民生活を立て直すための法案の方が私は大切だと思いますが。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。