記事

安倍政権はやる気があるのか

10月4日から始まる秋の臨時国会に政府与党が提出する法案数は15本になると言われています。例年に比べて少ないものです。

先の通常国会でも政府与党提出法案は、著しく絞られていました。参院選前に波風を立てたくない与党の戦略と言われていました。ただ、選挙の終わったこの秋の国会でも法案数はかなり絞られています。

安倍政権はやる気があるのか、と思います。すなわち、政権を握って国を良くしていくためには、色んな新しい法律案を出して物事を変えていかなければなりません。

しかし、最近の安倍政権を見ていると、そんな風には全く見えないし、かなり絞られた提出法案数がそれを物語っています。

では、憲法改正を最重要課題としてやっていきたいということか。そうであるかはこの臨時国会の安倍政権の出方を見極めていきたいと思います。

もちろん、憲法改正より、目の前の国民生活を立て直すための法案の方が私は大切だと思いますが。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  6. 6

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  7. 7

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  8. 8

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。