記事

米原油先物横ばい、米国防総省の中東への軍事配備発表が支援


[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国時間の原油先物はほぼ横ばい。トランプ米大統領の弾劾調査に関連する新情報が重しとなった一方、米国防総省の中東への軍事配備発表を受け、供給懸念が高まり、原油先物を支援した。

北海ブレント先物<LCOc1>の生産値は0.35ドル(0.6%)高の1バレル=62.74ドル。米WTI原油先物<CLc1>は0.08ドル安の56.41ドル。国防総省の発表を受け、一時プラスに転じた。

原油先物は終盤にかけ下げ幅を縮小。米国防総省がサウジアラビアの防衛強化に向け、レーダーシステムや地対空ミサイルシステム「パトリオット」を配備するほか、約200人の米軍兵士を増派すると発表した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。