記事

2ちゃんねる「転載禁止」、5サイト「それぞれの落日」だか夜明けだか……

ところで一部のまとめサイトが2ちゃんねるから著作物使用を禁じられた件、その後どうなったか見てみた。

禁止されたのは5サイトだが、それぞれの現状を見ると、たしかに2ちゃんねるからの引用は消えている。とはいえ他のWeb記事を「全文流用」して記事作ってる例が多いのは、なんだかなあ。

あきらかに法律で認められる「引用」の範囲を逸脱しているわけで。これでは「2ちゃんねるの著作物流用は止めたが、他人の著作物無断使用は止めていない」ことになってしまう。「反省してないだろ」とツッコまれても仕方ないのでは。


個人ブログが他人の画像やキャプチャーなどある程度載せるのは、著作権上違法でも、ある程度仕方ない面があるだろう。コンテンツとの持ちつ持たれつもあるし。禁止してもみんなやっちゃうわけで。でもこれら巨大サイトはもはや営利で運営されていると思われ「個人ブログ」でもないのだし、少しは法律を守ったほうがいいような気がするんだけど。


いえ個人的にこれらまとめサイトはそれなりに話題チェッカーとして便利に使わせていただいていたので、どうせならこれを機に正した方がと思っているわけです。

多分、試行錯誤しながらこれらのサイトはそれぞれ問題ない方向に収束していくとは思うので、まだ途上として見守るのが正しい姿だろうが。でもせめて引用の定義くらいはそれこそggrks。商売してるんだったら。


たとえば5サイトの「禁止令」以降の記事挙げてみると。

やらおん
http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-10007.html
これはアウトな気が

ハムスター速報
http://hamusoku.com/archives/7152923.html
こちらはそうとも言い切れない <割とうまいやり方では

はちま起稿
http://blog.esuteru.com/archives/6288200.html
これもアウト

俺的ゲーム速報@JIN
http://jin115.com/archives/51876298.html
アウト

ニュー速VIPブログ
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52549554.html
こちらは普通の個人ブログになった気が。画像の大量流用は微妙だが。


なんか「元記事リンク貼れば全文流用しても構わない」的に勘違いしてるよね全体に。

ひとつ思うのは、引用もくそも、当該記事で取り上げられている事件や現象に対し、管理人がきちんと語れないのではということだ。自分でしっかりした主張を文章でまとめられないからこそ、これまでも2ちゃんねるのレスを恣意的に切り貼りして「煽り記事」にして、せいぜいがAAで茶化すくらいだったのではないか。

儲けているんなら、この機会に勉強してはどうですかね。取り上げる分野に関して。そうすれば貴重なニュース源として重宝されるだろうし。


まあ私もたまにチェックしていたサイトが含まれているので、「飯の種なんだから正常化させて頑張ってください」という応援気分が本音だ。あと蛇足だけど、2ちゃんねる自体もスレッド立ての際、引用の範囲を守ってるかはボロボロ。「目くそ鼻くそ」的意見も、ネットではけっこう見掛けるよね。

あわせて読みたい

「2chまとめサイト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  8. 8

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。