記事

権限委譲の難しさとコンテキストの共有

1/2

経営者やマネージャにとって、上手に権限委譲をするというのは組織を育てていくための重要な課題であると考えている人は少なくないだろう。自分の抱える仕事を次の世代に任せることができれば、任された方の成長にもつながるし、任した方は新しいことに取り組むこともできる。

とはいえ、権限委譲を実現することは容易いことではない。うまく権限委譲するために必要なことは何か、本稿では考えてみたい。

権限委譲がうまくいかないのは何故か

私が初めてマネージャを任された頃は、マネジメントには責任が伴うものであり、その責任を全うしようとすればするほど、当時のメンバーや部下に権限委譲することなどできなかった。

あらゆる成果物のチェックをしていたし、どんな判断にも事前に確認するようにしていた。報告や連絡を徹底することで、間違いのない判断をしたいと考えていたのだ。とはいえ「間違いのない判断」というのも、自分にとって間違いがないというだけに過ぎなかったのだが。

今思い返すと、とても苦しい働き方をしていたように思う。間違いなく私が全体のボトルネックになっていただろう。とても忙しくて、仕事をしていた気ではいた。

もちろん権限委譲することを考えなかったわけではないが、権限を委譲したとしても責任までは委譲できるものではないため、そうなると任せて失敗したらと考えると怖くてできなかったのだ。それに、自分で判断する方が品質も生産性も高いと考えていたこともある。

また、権限というのは力のことでもある。権力とも言える。恐ろしいことに権限を持ってしまうと、それを自分の力だと勘違いしてしまうことがあるのだ。権力があるから人を従わせることができると考えるようになり、権限委譲などしてしまっては何もない自分と向き合わなければいけなくなる。それが怖いのだ。

権限委譲がうまくいかないのはテクニックや手法の問題ではなく、委譲する側のマインドセットにあったのではないかと思う。

なぜ今こそ権限委譲が求められるのか

そもそも権限委譲しようとするのは何故か。権限委譲などせずとも、うまくいっているならば不要だろう。しかし、そうは言っていられない時代になりつつある。

まず、取り組んでいる仕事の多くに再現性が低くなってきている。マニュアル通りに同じ作業を繰り返し行うような仕事は減り、その度に考えないと達成できない仕事が増えてきている。そうした正解のない仕事の場合、権限委譲されていなければ、事あるごとに上司やマネージャに確認をとる必要があるが、そんなスピード感では良い成果など出せない。顧客も満足しないだろう。

再現性が低い仕事は、創意工夫や試行錯誤をして知見を得ながら成果を出していくしかない。たとえ上司やマネージャに確認をとったところで、確認を求められた方もわからないというのが正直なところだろう。果たして正解のない仕事において判断できない人間が権限を持っていることは、どんな価値があるというのだろうか。

一方、権限委譲をうまく進めることができれば何が起きるのか。再現性の低い仕事は属人的な要素が強くなるからこそ、それぞれの現場での判断に任せることで迅速に仕事を進めることができる。

上司やマネージャは、その時間を別のことに使うことができる。もし「緊急じゃないけど重要な仕事」に時間を使うことができれば、組織や事業を飛躍的に成長させることのできるチャンスになる。新しい仕事を生み出すことに取り組むことができるのだ。結局のところ、それも再現性が低いので裁量が求められる。

あらゆる階層で、権限や裁量をもって仕事をすることが求められるのである。

権限委譲における鶏と卵の問題

マネージャ本来の仕事には、与えられた仕事を全うするというだけでなく「いい感じにする」ために、問題を見つけてくることや、取り組むべき課題を発見することも含まれる。むしろ、それが最重要な仕事だと言える。

経営者にしてみると、経営者と同じ目線で社内や事業の問題・改善点を見つけることができる人が出てきて、その人に権限委譲をしていきたいと考えているものだ。しかし、そう簡単にはいかないのは、権限委譲をしたからといって同じ目線になれるわけではないからなのだ。

まず、そもそも権限を委譲したい側と委譲される側で見ている景色が違いすぎる。見えている情報の量も、見え方も、見える広さも違っている。そうした状況で権限委譲をしようとしても、うまくはいかない。

よくわかっていない状態で権限委譲だといって、判断しろと言われても部下にとっても困ってしまうだろう。判断や決断を委ねるためには、それを導き出すための情報も合わせて渡さなければいけない。それも、ただのデータではなく、権限を委譲したい側が考えていること、思考の過程のようなもの(コンテキスト)を共有するのだ。

もちろん、整理されていない情報を共有するのは簡単なことではない。しかし、コンテキストを共有しておくことができれば、自分だけでは考えきれなかった先のことを考えてくれるかもしれない。そうなってこその権限委譲ではないか。

あわせて読みたい

「上司」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

  9. 9

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  10. 10

    福岡で過去最多519人の感染確認 半数は福岡市

    ABEMA TIMES

    05月08日 20:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。