記事

加藤綾子を陥落させた「NAOTO」高校時代の夢はお笑い芸人

インスタグラムより

 9月24日、フリーアナウンサー・加藤綾子と、三代目J SOUL BROTHERSリーダー・NAOTOが真剣交際していることがわかった。『文春オンライン』が報じた。双方の事務所とも交際を認めているという。

「カトパン」の愛称で知られる人気者の加藤は、これまでさまざまな大物男性との密会が報じられてきた。そんな加藤を射止めたNAOTOとは、一体どんな人物なのか。

 高校卒業後、アメリカでダンスの修業を積み、帰国してからは浜崎あゆみや後藤真希などのバックダンサーとして活動を始めた。2007年に三代目J SOUL BROTHERSへ、2009年にEXILEに加入。2010年にリーダーに就任してからは、ダンサー・俳優業に邁進してきた。

 バラエティにもよく顔を出す存在だ。2014年から2016年まで、『バイキング』(フジテレビ系)の火曜MCを務め、現在は『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)にレギュラーとして出演している。

 一見、とんとん拍子に進んできた経歴だが、NAOTOは過去に意外な「将来の夢」を持っていた。2015年に世に出したフォトエッセイ『人生ほの字組』(幻冬舎)の中で、高校時代に抱いていた夢を語っている。

《人生ほの字組というのは、僕が高校時代に組んでいた、お笑いトリオのグループ名なわけで、本当にそのころ、ダンスかお笑いどちらの道に進むか悩んだときもあったわけで……

 メンバーは、僕とイクオと林の3人。一応コントや漫才をやっていて、学校では新入生歓迎会や文化祭などのイベント行事で披露したり、司会もやったりなんかしていました。

 結局、林とイクオは進学の道を、僕はダンスの道を進むことになりました。若さゆえの甘さか『25歳までにパッとしなかったら3人でお笑いの道に進もうか』なんて冗談を言っていたが、25歳を迎えた僕はEXILEになった。自分で言うのもなんだが、パッとしたどころの騒ぎではない。自分の人生に奇跡が舞い降りたのだ》

 今となっては、ダンサーとしての自分に満足しているようで、エッセイ本発売イベントでは「ダンスを選んでよかったと心から思っております。そんな(お笑いの)才能がないのに夢を見ちゃって……。九死に一生を得ましたね」と笑っていた。

 加藤とは結婚を前提にした交際だと報じられている。NAOTOが所属する事務所「LDH」では、6月にEXILE・AKIRAとリン・チーリンの結婚が発表されたばかり。NAOTOとカトパンが続く日も近いかもしれない。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。