記事

菅原経産相とトヨタ社長が懇談、日米の通商合意を評価


[東京 26日 ロイター] - 菅原一秀経済産業相は26日、日米が貿易協定で合意したことを受けて「保護主義的な、グローバルサプライチェーンをゆがめるような措置を幅広く排除した点、非常に大きな意義がある」と評価し、日米貿易の安定的な発展に寄与すると述べた。

日本自動車工業会(自工会)との懇談終了後、記者団に対して述べた。

日本が求めていた、米国へ輸出する自動車に対する関税(乗用車2.5%)の撤廃は継続協議となったが「関税撤廃は、これまでも取り組んできた課題。交渉は日米双方の利益となるようにお互い、協定の発効後に行われる日米間の協議の中でしっかりと議論を進め、結果を出していく」とした。

一方、自工会の豊田章男会長(トヨタ自動車<7203.T>社長)は、「自動車分野における日米間の自由で公正な貿易環境が維持、強化されることを歓迎する」と述べた。

豊田会長は、通商問題、円高や消費増税の影響などに加え「産業構造自体の転換期を迎え、非常に多くのチャレンジを抱えている」と指摘。政府に対し、自動車産業の競争力強化に向け「一層のご支援をお願いしたい」と語った。

安倍晋三首相とトランプ米大統領は米国時間25日、首脳会談で貿易協定の締結で合意。日本から米国に輸出される自動車への追加関税は、貿易協定が誠実に履行されている間は発動されないと、安倍首相が大統領に確認した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「日米貿易協定」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  8. 8

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  9. 9

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  10. 10

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。