記事

千葉県の災害相談をLINEで、AIが即回答 各市町村窓口の混雑緩和にも期待


 台風15号で大きな被害を受けた千葉県で、LINEを使った災害相談サービスがスタートした。

 23日からスタートしたのは、被災者の生活再建などに関する問い合わせにAIを活用し、生活情報をLINEで24時間提供するサービス。利用者は都合のいい時に必要な情報を得ることができるほか、市町村の窓口や電話の混雑緩和も狙っている。


 使い方は、LINEで県のアカウント「千葉県災害2019」を友だちに追加するだけ。メニューから調べたい項目を選んだり、トークに知りたい情報を直接入力すると、関連リンク先の案内などをAIが会話形式で瞬時に回答してくれる。

 サービス開発の経緯についてAI防災協議会に聞いたところ、「支援のために新たに作成した」とのこと。開発期間は19日から21日の3日間で、通常だと約2週間かかるところ、もともとLINEが持っていたAI機能を応用し例外的に早く作ったという。


 LINEで簡単に情報収集ができる便利なサービスだが、他県も簡単に導入することはできるのか。これには「ベースはあるので可能。ゆくゆくは災害発生から非難まで一連の流れをカバーできるものにしたい」との回答だった。

 このサービスに『ニューズウィーク日本版』の長岡義博編集長は「こういうソフトがあると“情報難民”が生まれなくて済むと思う。企業の社会貢献が今すごく求められていて、それが日本でも広がりつつあるという印象を受けた」との見方を示した。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

映像:アプリをスタジオで実演

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    野村克也氏の本塁打は実質985本?

    毒蝮三太夫

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    苺ブッフェ 持ち帰りOKは画期的

    東龍

  6. 6

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  7. 7

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  8. 8

    肺炎より地元行事? 大臣は無責任

    大串博志

  9. 9

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  10. 10

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。