記事

お金持ちは消費税増税直前に何を考えているか

1/2

いよいよ消費税増税が目前に。職場でもプライベートでも話題にあがることが多いのではないでしょうか。ところが富裕層たちは、まったく興味が無い様子なのだそう。なぜ消費税増税を話題にもしないのでしょうか。彼らが増税直前に考えていることとは――?

※写真はイメージです(写真=iStock.com/kokouu)

■増税の話題が出ることが皆無

2019年10月から消費税が8%から10%に増税されます。

そのため、増税前に高額な耐久消費財などを買っておこうと考えている人もいるかもしれません。

これについて富裕層はどう考えているのでしょうか。

私は8月~9月と起業家・経営者が集まる会食やホームパーティーに何度かお邪魔しましたが、どの会でも増税の話題が出ることはありませんでした。まったく興味が無いふうで、増税前に何か対策を講じている人も皆無といった感じでした。

それはこれまでも同じく、2014年4月の消費税増税時でも、対策の話はまったく聞こえてきませんでした。

■消費税増税よりもっと重要なことがある

それはなぜなのかを考えてみると、ビジネスをしていれば支払う消費税が増える一方、受け取る消費税も増えるなど消費税がかかるのは当たり前で、増税だからといって対策することにはほとんど意味がない、という無意識の割り切りがあるように推測します。

彼らは最終消費者という立場だけでなく、事業者の立場も持っているため、そのあたりの事情は理解しているのだと思います。

それよりも、より税負担が大きい所得税(事業税や住民税も含む)対策の方が重要であり、そちらのほうに意識が向いている人がほとんどです(中小企業の実効税率はおよそ30%)。

もちろん無関心というわけではなく、税制改正には非常に敏感です。

たとえばかつて、再生可能エネルギーの推進のため、いわゆる「グリーン投資減税」が創設されたとき、目端の利く中小企業や自営業者がこぞって太陽光発電システムに投資しました。これによって消費税還付を受けたり、即時償却によって所得税や住民税の節税をしていたのです。

その後も、生産性向上設備投資促進税制、中小企業投資促進税制へと引き継がれ、彼らは同様にこれら制度を活用して節税をしていますが、多くの人はこういう制度すら知らないと思います。

対策をしてもたかが知れている消費税増税よりも、日々の節税の方が重要であり、そのための情報収集には常にアンテナが立っているということでしょう。

■増税の影響はほとんど出ないと考えている

もうひとつの理由は、売り手の心理を知っているため、影響はほとんどないとわかっている点も挙げられると思います。

たとえば典型的だったのが、前述した前回の増税時。

税率が5%から8%にアップする3カ月前あたりから、多くの人が家電など高額商品の駆け込み消費に走りました。そして当然ながら増税後は買い控えます。

これを、商品を作って売る企業の側から想像してみましょう。

駆け込み消費で需要が増えると、売れ行きが堅調ですから、売り手はあえて値段を安くする必要はありません。定価でも売れるなら、そのほうがいい。だから商品の価格は高止まりします。

しかし増税後の反動で、消費者の財布のひもが硬くなると、売れ行きが悪くなります。

では企業は「増税後の反動で売上が下がりました」などという言い訳が、会社の会議の場でできるでしょうか。

当然、売上を上げていかなければならない。なんとか売上を確保する対策を講じる必要がある。

そこで多くの企業が考えつくのは、「値引き」という販促策です。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    スタバのモバイル注文は「残念」

    内藤忍

  3. 3

    現代人にADHD的なミスが多い理由

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    GSOMIA騒動 隠れて不買続く韓国

    NEWSポストセブン

  5. 5

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  6. 6

    昭和女性描く漫画 閉塞感に愕然

    紙屋高雪

  7. 7

    「芸能人逮捕は陰謀」真剣に検証

    AbemaTIMES

  8. 8

    動物を撃つ マタギの葛藤と信念

    清水駿貴

  9. 9

    おにぎり35個万引きした元公務員

    fujipon

  10. 10

    沢尻容疑者めぐる陰謀論の疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。