記事

議論すべきは日本のエネルギー政策

1/2

2019年9月23日、ニューヨークで国連気候行動サミット2019が開かれた。

国連気候行動サミット2019(UN Climate Action Summit 2019)

国際連合広報センター - 2019年08月15日

アントニオ・グテーレス国連事務総長はすべてのリーダーに対し、今後10年間で温室効果ガス排出量を45%削減し、2050年までに正味ゼロ・エミッションを達成するために、2020年までに自国が決定する貢献(NDCs)を強化するための具体的、現実的計画を持って、9月23日にニューヨークで開かれる国連気候行動サミットに参集するよう呼びかけています。

背景には、近年特に欧米の若者を中心に高まりつつある、地球温暖化に対する強い危機感がある。運動は欧米にとどまらず世界各国に広がりを見せており、多くの人々がデモに参加するなど対策を求める抗議活動に参加している。日本では欧米ほどではないようにみえるが、行動を起こす人は少なからずいるようだ。若者が中心になっているのは、長期的な影響への懸念をより強く持つゆえであろうか。

「私たちの家が燃えている」 温暖化対策求め、地球各地で数百万人が抗議

BBC - 2019年09月21日

米ニューヨークで開かれる国連気候行動サミットを前にした20日、若者を中心に地球温暖化への対策を求める様々な抗議行動が欧米やアフリカ、アジアなど世界各地の150カ国で行われた。数百万人が行進したとみられ、人為的な気候変動に対する抗議としては過去最大規模のものとみられる。

「国境超え、気候変動止めよう」26都市で若者らがデモ

朝日新聞 - 2019年9月21日

主催者によると、日本では東京や大阪、京都、名古屋、福岡、札幌など26都市で約5千人が参加した。

客観的にみても地球温暖化は重要な課題で、これまでも何度か国際的な合意形成の試みがなされてきたが、ありていにいって、うまくいっていない。大切であることは理解するが実際に自分たちの行動を変えることには消極的な国が多く、中には背を向けるかのような動きもある。

気候行動サミット、次世代への課題解消見えず

日本経済新聞 - 2019/9/25

米ニューヨークの国連本部で23日開いた「気候行動サミット」は加盟国の温度差が目立った。2050年に温暖化ガスの排出をゼロにする目標を掲げたが、実現は見通せない。自分たちの命運を左右する気候変動への取り組みが不十分だと若年層は不満を募らせている。

その意味で「行動」をタイトルに入れた今回のイベントは重要な意義を持つと思うのだが、どうも日本の(他の国のことはよく知らない)報道や世論は本筋からそれているようだ。



1つは、飛行機を避けスウェーデンからヨットでニューヨークまでやってきた16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリ氏とその発言内容に関するもの。16歳、学生、女性、アスペルガー症候群といった属性、授業ボイコットやヨットで大西洋を渡るなどの行動、サミットでの演説でもみられた過激な言動、家族や支持者といった周囲の大人たちに関する評価、環境活動家一般に対する印象など、多くの点が話題となり、いつものように擁護派・批判派に分かれて大バトルが展開されている。

「よくもそんなことを」 トゥンベリさん、怒りの国連演説

AFP - 2019年9月24日

トゥンベリさんは、世界の首脳らが温室効果ガス排出問題に取り組まず、自分たちの世代を裏切ったと非難し、「よくもそんなことを」と怒りをぶつけた。

もう1つはこのサミットに出席しながら発言の機会は与えられず、別の場での「セクシー」発言で物議を醸した小泉進次郎環境相に関するもの。主に英語の得意な人界隈で、この表現はありかなしかがアツく議論されている。確かにかなりくだけた表現で、動画をみても日常会話調のリラックスした話し方だから、こうした場で一国の大臣が使うのは不適切だという見方もあろうし、フランクなコミュニケーションのスタイルとしてありうるという見方もあろう。また、環境政策をもっと大衆受けするもの、若者に支持されるものにしたいという趣旨であろうから、そうした意味合いも含めて考えるべきだろうが、許せない人には許せないわけで、議論は果てなく続く。

Koizumi's 'sexy' words on climate change ring hollow for some in Japan

Reuters - SEPTEMBER 24, 2019

“On tackling such a big-scale issue like climate change, it’s got to be fun, it’s got to be cool. It’s got to be sexy too,” the 38-year-old Koizumi, son of a former prime minister and often seen as a future prime minister himself, told a news conference.

しかし待ってほしい。こういう話題だけでいいのだろうか。そもそもこのイベントは、若い女性環境活動家について議論するためのものでもなければ、新任の日本の大臣の能力を見極めるテストでもない。地球環境問題に関する具体的なアクションを議論するための場だ。国内報道においては、女性活動家と環境相のことばかり取り上げ、エネルギー政策自体に触れたものはそう多くないようにみえるが、いったいこれはどうしたことだろうか。

もちろん海外報道でもこの2つは取り上げられているが、日本は事情が違う。この会議において、日本はどちらかといえば、二酸化炭素排出量の多い石炭火力発電の問題において、議論の対象となっている立場だ。日本はそのエネルギーミックスにおいて石炭への依存度が高いだけでなく、海外の石炭火力発電への融資を行おうとしており、これが海外から強い批判を浴びている。下掲の朝日新聞記事に付された写真で環境団体の人が持っているプレートには「JAPAN: STOP COAL FINANCE」と書かれている。

「石炭はセクシーじゃない」NYで日本の火力発電に抗議

朝日新聞 2019年9月24日

大量の二酸化炭素を排出する石炭火力発電所をめぐっては、国連のグテーレス事務総長が2020年以降の新規建設をやめるよう、くり返し加盟国に要請。欧州では将来的な稼働ゼロを打ち出す国が増えている。

これに対し、日本では12年以降で50もの石炭火力発電所の新設や増設が計画されている。また、今年4月には政府が出資する国際協力銀行(JBIC)が、ベトナムの石炭火力発電事業に対する最大約12億ドルの融資を発表した。

抗議デモの参加者は環境NPO「オイル・チェンジ・インターナショナル」の職員ら約20人。ニューヨークの路上で、石炭バケツの上に立つ笑顔の安倍晋三首相を模した高さ4メートルの風船を掲げ、「石炭はいらない」と英語で声を張り上げた。

気候変動が「加速」、過去5年で世界気温は最も暑く=世界気象機関

BBC - 2019年09月23日

グレタさんに続き、約60カ国の首脳や閣僚が、地球温暖化の原因を削減するための新たな対策案あるいは国連加盟国による取り組みについて演説するとみられる。

中国、インド、フランス、ドイツ、イギリスは気候行動サミットで演説する予定だが、日本とオーストラリアは登壇が認められていない。

グテーレス事務総長は2050年までに二酸化炭素排出量を正味ゼロにすることを目指すことに加え、各国に化石燃料への補助金を削減し、新規の石炭火力発電所の建設中止を求めている。この石炭火力発電をめぐり、日本の安倍晋三首相とオーストラリアのスコット・モリソン首相は、参加が認められなかった。

小泉環境相の発言が批判的に取り上げられたのは、「sexy」が場や立場にそぐわないからではない。具体的な対策を伴なわない空疎なことばだと受け取られたからだ。上掲記事で、国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、このサミットを「言葉ではなく行動について議論するためのもの」と説明した。「サミットに参加する首脳に対し、しゃれた演説ではなく、具体的な対応策を持ってくるよう指示した」結果が「It’s got to be sexy」だけでは、発言の場が与えられないのも批判を受けるのも当然だろう。

実際、小泉大臣は、国連本部での演説(上掲BBC記事では「日本は登壇を認められていない」としているのでサミット以外の場での演説なのだろうか)の前に開かれた記者会見で、Financial Timesの記者から受けた「今後半年から1年間で石炭火力発電をどう減らしていくか」との質問に対して答えられず沈黙し、6秒後にやっと「先週大臣に就任したばかりだが同僚や省の職員と議論した。環境相としてだけでなく政府として削減の方針を表明している」と答えるにとどまった(下掲動画の4分30秒前後から)。「2020年までに自国が決定する貢献(NDCs)を強化するための具体的、現実的計画」を提示できなかったわけだ。

外交デビューの小泉進次郎環境大臣 記者の質問に6秒沈黙
テレ東NEWS - 2019/09/24

 

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベトナムで低下が進む「親日度」

    WEDGE Infinity

  2. 2

    Amazonと違う楽天の「送料無料」

    自由人

  3. 3

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  4. 4

    山本太郎氏を利用する立民に呆れ

    田中龍作

  5. 5

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  6. 6

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    メルカリのOrigami買収判断は謎

    やまもといちろう

  9. 9

    韓国客減る対馬 土地買収は続く

    NEWSポストセブン

  10. 10

    芸能人不倫叩きに感じる恐ろしさ

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。