記事

エリート撃破でMGC2位 鈴木亜由子の"公立力"

1/2

MGCで2位に入り、東京五輪のマラソン女子日本代表に内定した鈴木亜由子選手に関心が集まっている。多くの陸上エリートが私立の強豪校出身なのに対し、鈴木は大学までずっと公立。しかも大学は名古屋大学経済学部で、文武両道を地で行く。中学時代から取材している酒井政人氏は「コーチに完全に依存せず、自分の頭で考えながらコツコツやるタイプ。東京五輪のメダル候補です」という――。

マラソングランドチャンピオンシップ で女子のレースで2位に入り、東京五輪代表に内定した鈴木亜由子選手 写真=アフロスポーツ

MGC出場者49人で唯一の国立大学出身の「頭のいいランナー」

9月15日に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(以下、MGC)で、東京五輪の男女マラソン日本代表4人が内定した。そのなかで異質な輝きを放つ選手がいる。女子のレースで2位に入った鈴木亜由子(日本郵政グループ)だ。

優勝した前田穂南(天満屋)が20km過ぎに抜け出したレース。鈴木は単独2位をキープして、終盤は“笑顔”で駆け抜けた。40km地点で33秒差あった3位の小原怜(天満屋)に最後は4秒差まで猛追されたが、2時間29分02秒の2位でフィニッシュ。「2位以内」という内定条件を満たして、東京五輪を引き寄せた。

「まずは2位を確保できてホッとした気持ちです。笑っているように見えたかもしれませんが、私は苦しくなると口角が上がるんですよ。笑っているときは苦しいんだなと思ってください」

鈴木はレース後の会見でこう話し、メディア関係者も笑顔にさせた。

MGCは東京五輪のキップがかかるだけでなく、現在の日本における最高峰のレース。男子は34人、女子は15人がハイレベルな基準をクリアして出場資格を得た。そしてMGCファイナリストの「学歴」を見ると、日本陸上界、スポーツ界の縮図が見えてくる。

男子は大卒が31人で高卒が3人。出身校でいうと東洋大が最多5人で、青山学院大が4人、駒大が3人。東海大、上武大、国士館大、拓殖大が2人。早稲田大、京都産業大、日本大、山梨学大、明治大、中央大、順天堂大、麗澤大、國學院大、神奈川大、学習院大が各1人となる。

公務員ランナーからプロランナーに転向した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は学習院大卒だが、他は箱根駅伝の上位校をはじめ駅伝の強豪校ばかり。高卒は1割ほどしかいない。これが女子になると一変する。

女子は高卒が13人で大卒が2人。大卒のひとりは前田彩里(ダイハツ)で駅伝の強豪・佛教大だ。もうひとりが鈴木で名古屋大になる。

公立進学校・時習館高→名古屋大へ進学した勉強エリート

名古屋大は「旧帝大」のひとつで、中京圏だけでなく、全国から優秀な学生が集まる名門校だ。しかも鈴木は愛知県の公立進学校・時習館高の出身で、愛知県の人なら「超エリート」と評価される学歴だ。

それが今は東京で実業団生活を送る。朝に練習した後、午前中は郵便局で事務作業、午後にトレーニングという日々を過ごしているのだ。

MGCファイナリストの年齢を見てみると、男子と女子で大きな違いがある。男子は34人中24歳以下が2人しかいないが、女子は13名人24歳以下が7人と過半数を占めている。10月8日で28歳を迎える鈴木は学歴と年齢を考えると、女子マラソン界の異端児といえるだろう。

鈴木は2016年のリオデジャネイロ五輪でも日本代表(5000mと1万m)に選出されおり、旧帝大出身の女子で初めてオリンピアンになった。実家は、愛知県豊橋市にお店を構える創業100年を超える老舗のお米屋さんだ。

当時、鈴木は筆者の取材に対し、「(親からすれば)自分の子供がオリンピックなんて夢のような心境だと思いますよ。ふたりとも陸上とは無関係で、私のことを『突然変異』だと言っていますから」と話していた。

※写真はイメージです 写真=iStock.com/wundervisuals

また名古屋大学には「陸上推薦」では入れない。入試ではほかの受験生と同じく高い学力が問われる。勉強と陸上を両立するコツについては、「とにかく集中力です。時間を無駄にしないことじゃないでしょうか。少しでも時間があれば何かしていました。集中して、コツコツ継続することだと思います」と教えてくれた。

陸上エリートを撃破できた理由は「すさまじい集中力」

陸上のトレーニングも集中型だ。「走るときはジョッグのときもフォームのことを考えたりしていました。音楽なんか絶対に聞かないです。危ないのもありますし、自分のリズムも聞こえない。感覚が狂うこともあるので」と徹底している。一方で、「人の話を聞いているようで聞いてないときがあるので、そのときはボーとしています」と抜くべきところも心得ている。

名古屋大卒という学力の高さだけでなく、鈴木には陸上の“天才少女”だったという一面もある。

中学時代は2年時に全日本中学校選手権で800mと1500mの2冠を達成。3年時はゴール前で転倒した800mは5位に終わったが、1500mで連覇を果たしている。秋には3000mで中学歴代2位の9分10秒71をマークした。ちなみにMGCファイナリストで全日本中学選手権のタイトルを持つのは男女通じて鈴木しかいない。

高校時代は1、2年時に右足甲を疲労骨折。自らの骨を足に移植する手術を2度受けるなど苦しんだ。そのためフォアフット(爪先からの着地)をフラット着地(足裏全体で着地する)に修正。体幹も鍛えなおしたという。

「中学のときは、このまま順調に伸びるわけないと、どこかで思っていました。それが大きな故障になってしまって。でも、高校でやりきれなかった分、まだまだできるという思いを残したことが、その後の原動力になっていると思います」

高校時代は3年時のインターハイ3000m8位が最高成績で、中学時代の自己ベストは1年時に1500mを2秒更新しただけだった。こういう成長曲線を描く選手は高校卒業後に消えてしまうものだが、鈴木は違った。

あわせて読みたい

「マラソン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  7. 7

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  8. 8

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  9. 9

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  10. 10

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。