記事

アイヌ民族を差別的に扱った団体の施設利用について

 日本会議北海道本部が主催した、アイヌ民族を差別的に揶揄する催しについて白石区民センターの利用を許可するなという声があったと北海道新聞で報じられていましたが、札幌市は、当初に許可したとおり、許可を維持しました。

札幌市は、施設利用の内容だけで利用承認を取り消してはならない

「札幌市が施設利用許可 アイヌ民族テーマ講演 市民団体「ヘイト」だ」(北海道新聞2019年9月22日)

 ネット配信はないようです。

 札幌市が利用許可を維持したことは当然のことで、これで取り消すようなことがあれば大問題です。

 当日も警察官が30名以上も動員される中での開催でしたが、妨害勢力があるということであれば、こうした警備はやむを得ません。一部に暴力的に妨害しようとしていた人たちがいた、そうであれば警察官がこうした行為を事前に阻止するのは責務ですらあります。

2019年9月22日撮影

 とかくヘイトスピーチデモについても警察官が守っていると批判する人たちがいますが、デモは表現の自由として最大限の保障がなされなければならず、これを暴力的に妨害するなど許されようはずもありません。警察官がヘイトスピーチデモを護衛するのは責務といえます。

 他方で、北海道新聞の記事には違和感を覚えました。

 集会開催前の記事は、「批判相次ぐ」とありながら、電話などのクレームは17件だそうです。これで相次ぐですか。

 北海道新聞のヘイトに関する記事が全体として偏っています。

 アイヌ民族が歴史的にみても虐げられてきたのはまぎれもない歴史的事実です。生活の基盤を壊され、低所得層のまま放置されてきました。格差社会の中で貧困層が貧困層のまま続いていくという悪循環を断ち切るための政策は必要です。

 しかし、それは敵意を示す人たちを暴力的に潰してしまえというようなやり方でこの問題を解決できるはずもなければ誰も共感もしないし、嫌悪感すら持たざるを得なくなります。
 こうした行動こそがむしろアイヌの貧困を固定化させるというだけでなく、煽る人たちの思う壺であり、アイヌ民族の置かれた状況を悪化させるだけという最悪の行動です。

あわせて読みたい

「ヘイトスピーチ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  2. 2

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  3. 3

    日本は悪くないと 韓国の反日観

    文春オンライン

  4. 4

    野党に振り回された宇都宮健児氏

    田中龍作

  5. 5

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  6. 6

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  7. 7

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  8. 8

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  9. 9

    都知事選 落選者らの敗因を分析

    ヒロ

  10. 10

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。