記事

立憲民主党の中から党の合流を目指す

立憲民主党、国民民主党、無所属の、国会における共同会派が成立することとなりました。私もこれを実現するために汗をかいてきましたが、国会の中での活動をともにするわけですから、大きな一歩です。

しかしここで立ち止まるわけにはいきません。できるだけ早期に、さらに歩を進めて、一つの党に合流していくべきです。

それに向けての動きを作っていくために、今日、これまで無所属として会派をともにしてきた立憲民主党に入党することとしました。

党の合流を成し遂げるには、やはり野党第一党の立憲民主党が、大局的な視点に立って、本気でこれをリードしていかなければなりません。柔軟性を発揮することも必要になります。私としては、その方向に向けて立憲民主党の中から、さらに取り組んでいくという決意です。

これまでの経緯がありますから、平坦な道のりでないことは承知しています。しかし必ずや結果を出していきたいと思います。

もちろん、地元においても、原口代議士が代表を務める国民民主党佐賀県連とも、十分な協調と連携を図っていきながら取り組んでいきます。


あわせて読みたい

「立憲民主党(旧)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。