記事

中小企業のための両立支援

厚労省が、中小企業における両立支援推進のためのアイディア集というのを公表している。

両立ってだけで分かるのかは疑問だが、子育て・介護と仕事との両立支援の意味である。

その報告書は、色々なアイディアがあって面白いが、冒頭に、片働き・共働きの推移や女性の働き方の意識の推移が載っている。男女共同参画白書からの引用だが、昭和55年から平成22年まで、専業主婦をもつ世帯は1114万世帯から797万世帯へと、ほぼ右肩下がりなのだが、他方で共働き世帯は614万世帯から1012万世帯と、ほぼ右肩上がりである。

これに、単身世帯の推移などがあるとさらに面白いかもしれないが、ともあれ綺麗な現状グラフだ。

働き方の意識についても、女性が子どもを持ってもずっと働き続ける方が良いと答えている人が、女性では一貫して右肩上がりとなり、子どもができたら仕事をやめ、大きくなったらまた仕事をするのがよいと応えている人(M字カープ支持)を平成14年から15年あたりで逆転している。

男性の意識も、女性が子どもを持ってもずっと働き続ける方が良いと答えている人がトップの割合になってはいるが、M字カープ支持の人もまだまだ多い。

かくして両立支援が大事だということになって、そのためのアイディア集を作ったというわけだ。

この施策の守備範囲外の話かもしれないが、どうも前提として、男は仕事、女性はどうする?というスタンスが当然のようになっている気がして、引っ掛かりを覚える。
先日のNHKの討論番組でも、やはり女性の働き方というスタンスで雇用の流動化が語られていた気がする。一応は、男性も女性も流動化した世界をえがいてはいたが、例などはすべて女性の話になっていた。

実際のところ、男性が子育てや介護で仕事をやめたり、一時やめたりということは考えにくいから仕方がないのかもしれないが、ワーク・ライフ・バランスとは男性にこそ必要なはずだ。
その現状に対しての変革努力は地方の首長がデモンストレーション的に育児休業してみせたぐらいでは足りない。

こうした目で報告書を見ると、それなりに男性と女性との役割分担を当然の前提にした記述にはなっておらず、男性の育児休業取得率50%以上(ただし1日とか数日の休業取得でも含む)を目指す企業の紹介とか、仕事内容としての男女の均等化が重要という指摘とか、配慮はされている。
にもかかわらず、企業の事例紹介では、ほとんどが女性の両立支援となっているところが気にならざるをえないが。

あわせて読みたい

「労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  3. 3

    中国との戦略的競争を急激に進める米 新総理総裁はどう対応すべきか

    長島昭久

    09月28日 14:44

  4. 4

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  5. 5

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  6. 6

    免停無免許当て逃げ・居座り都議へ二度目の辞職勧告決議(怒)

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    09月28日 18:19

  7. 7

    【店アプリ】かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

    後藤文俊

    09月28日 11:41

  8. 8

    東スポが 1週間限定の〝超ゲリラ採用〟 社員は「就職して大丈夫なのか?」と自虐的

    BLOGOS しらべる部

    09月28日 17:19

  9. 9

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  10. 10

    家にある本の冊数が学力に影響 国語以外の教科でも正答率が高い理由とは

    ベネッセ 教育情報サイト

    09月28日 10:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。