記事

【読書感想】秋本治の仕事術 『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由

1/2

秋本治の仕事術 『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由
作者: 秋本治
出版社/メーカー: 集英社
発売日: 2019/08/05
メディア: 単行本
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

秋本治の仕事術 ?『こち亀』作者が40年間休まず週刊連載を続けられた理由? (集英社ノンフィクション)
作者: 秋本治
出版社/メーカー: 集英社
発売日: 2019/09/06
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
『こち亀』作者・初のビジネス指南書!長く、そして面白く仕事をする秘訣がここに!

「なぜ、40年間も週刊連載を休まずに持続できたのか」 これは僕がとてもよく聞かれる質問です。対する僕の答えは、

さほど面白いものでは ないかもしれません。いまになっていえることといえば、“目の前にあることをこなし、

ひとつ ひとつ積み重ねること”。月並みかもしれませんが、これしかないのです。(まえがきより)

週刊少年ジャンプで『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、通称『こち亀』を一度の休載もせずに40年間連載し続けた作家=秋本治は、どのような思考・行動で日々仕事をしていたか?

・週刊連載時代、そして現在もどのようなタイムスケジュールで働いているのか。

・『こち亀』の毎回のアイディアはどこから出てきたのか。

・歴代担当全員とうまくいった人間関係はどうやって築いたのか。

など、偉業を成し遂げた著者の仕事の取り組み方、考え方を「セルフマネジメント術」「時間術」「コミュニケーション術」「発想術」「健康術」「未来術」の6章立てで、本邦初公開。

巻末には本書のために描き下ろした特別漫画「両津勘吉の仕事術」も掲載!

 あの「両さん」の生みの親って、こんなに真面目でコツコツ仕事をこなしていく人だったのか……
 僕はそのギャップに驚かされました。

 あらためて考えてみれば、40年間も週刊誌で連載を続けていくなんて、真面目で健康に恵まれないと、できることではありませんよね。

 この本を読むと、「長期連載」に注目されやすい『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』は、その連載の間に、何度も方向性を変えていることがわかります。

 初期の『こち亀』の劇画調の絵をみると、これが同じ作品?と不思議な気分になるくらいです。

 そういえば、『キン肉マン』も「超人トーナメント」がはじまるまでは、あんまり冴えないギャグ漫画だったのだよなあ。

 しかし連載が長く続くうちに、そうしたテイストのままでは先が見えてこなくなってきました。そんなとき、担当編集者から思わぬ提案がありました。下町をテーマに描くのがいいのではないかというのです。

 僕は東京の下町生まれですので、ただ身近だったという理由で『こち亀』の舞台も下町に設定していましたが、それまで下町のこと自体をテーマに描くなんていう頭はなかったのです。

 「そんな、自分の近所の話でいいんですか?」と半信半疑でした。でも、一度ベーゴマのことや浅草の話などを描いてみたら、読者の子どもたちから意外な好反応がありました。僕にとってはあまりにも当たり前だった下町の日常が、当時の現代っ子には珍しいものとして映ったのでしょう。下町の話だったら、ネタは腐るほどありましたから、『こち亀』は下町路線へと大きく舵を切ったのです。

 それ以降も、『こち亀』は最初に設定した路線にこだわらず、そのときどきに僕の好きだったもの、たとえばミリタリーやゲーム、デジタル機器などをテーマとして取り入れ、少しずつ内容を変化させていきました。

 『こち亀』って、少年漫画誌のど真ん中である『週刊少年ジャンプ』で連載されながら、そのときどきの最先端の流行やマニアックな新製品を取り入れた回があり、その一方で、センチメンタルな下町の思い出をじっくり描いた回もあったのです。

 秋本さんが「他人の意見をとりあえず採り入れてみる」人ったのと、「変えることを恐れなかった」のが、これだけ長く続いた大きな理由だったのでしょう。

 人は、自分が持っている背景や好きなものを過大評価することもあれば、過小評価してしまうこともある。

 『こち亀』=「下町」というイメージが強い僕にとっては、「下町のことを描こうだなんて思わなかった」というのは意外でした。

 これはもう、編集者の功績ですし、漫画に編集者が介在したことによる成功例のひとつと言えるでしょう。

 この本からうかがえる秋本さんは、本当に「几帳面な人」なんですよ。

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    JESSE被告 大麻はフジロックでも

    阿曽山大噴火

  3. 3

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  4. 4

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  5. 5

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  6. 6

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  7. 7

    衆院解散で追及をかわす安倍首相

    早川忠孝

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    嵐の公式LINEペナルティで消滅?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。