記事

ラグビー普及のきっかけ生んだ「英国版スクール・ウォーズ」

W杯初戦でロシアを撃破した日本代表(AFP=時事)

 フェアプレイを重んじる紳士のスポーツ──英国発祥のラグビーは、肉体同士をぶつけ合う荒々しい競技ながら、他者への礼儀や公平さなど、その精神性をこそ重視している。そうした特徴は、英国エリート私立校でラグビーが必修化された経緯に秘密があった。歴史作家の島崎晋氏が解説する。

 * * *
 ラグビーのワールドカップが開幕した。日本での開催は今回が初めて。野球やサッカーに比べると、普及度や認知度の点で大きく劣るが、今大会を機会に大きな変化が起こることを期待したい。

 ところで、ラグビーの本場である英国のエリート私立校ではラグビーが必修ということをご存知だろうか。そうなった背景には意外な事実が秘められていた。

 英国のエリート私立校はインデペンデント・スクールと呼ばれ、俗称をパブリック・スクールという。公立学校を思わせる名称だが、これは私塾や個人の家での教育と差別化するためつけられたもので、公立ではなく私立で、なおかつ全寮制を原則とした。

 教会付属の無償の学校は6世紀から存在したが、脱宗教化の流れが表われ出した15世紀から有償の私立学校が増え始めた。当初は貴族の子息のみを対象としたが、中流階級が増えるに伴い、そのなかの上流層をも受け入れるようになった。

 エリート私立校と聞けば、規律正しいイメージが浮かぶだろうが、ある時期までのパブリック・スクールは無秩序かつイジメと暴力のるつぼだった。生徒らによる暴動がひどいときには教員だけではどうにもならないので、それを鎮圧するため義勇軍の応援を仰いだことさえあった。 

 学級崩壊どころではなかったわけだが、そうなった理由の一つとして、生徒が上流階級の子息であったのに対し、校長をはじめ教員すべてが中流階級の出身で、生徒から見下されていたことが挙げられる。そのために言うことを聞かない生徒に対する教員の体罰も過剰になりがちで、上級生が下級生を奴隷のごとくこき使う「ファギング」という悪習も蔓延していた。

 教員が中流階級出身からなるのは、貴族は戦時に従軍するのが義務で、それ以外の労働をしないのが習わしだったからである。消去法でいけば、教員になりうるのは十分な教育を受けた中流階級の上層部に限られた。また貴族の子息からなる暴徒相手に同じく貴族からなる正規軍を差し向けては禍根が残るので、地元の有志からなる義勇軍に委ねるのが穏当なやり方であった。

 このような無秩序を改善しようと敢然と立ちあがったのがトマス・アーノルド(1795-1842)という教育者である。彼は1828年にラグビー発祥の地である「ラグビー・スクール」という学校の校長に就任するにあたり、理事に掛け合って、全権委任を承認させていた。

 アーノルドが実行に移した改革は実に巧みで、教員に対しては体罰を容認しながら、その対象を生徒が嘘をついた場合、飲酒をした場合、怠惰な習慣といった道徳的な罪を犯した場合に限らせた。一方で生徒たちに対してはファギングを容認して、上級生により大きな権限を与える反面、下級生に対して責任をもち、彼らを守る役割を担うようさせた。これまで通り、身の回りの世話や使い走りをさせてもいいが、他の上級生による暴力から守る役割、すなわち庇護者となるよう誘導したのである。寮の責任者にも教員を据え、監視を怠らぬようにもさせた。

 アーノルドの改革はこれに留まらず、スポーツの授業にも及んだ。英国貴族の伝統であるフェアプレイの精神に加え、エネルギーの健全なかたちでの発散と協調性を養うためにも有効であるとして、個人競技ではなくサッカーやラグビー、クリケットのような団体競技を重視するようになったのである。中世騎士の流れを汲む上流階級には「危険を伴わないスポーツは自尊心が許さない」との考えも根強かったことから、激しい肉体のぶつかり合いを伴うラグビーはそれを満たす要件をもっとも強く備えていた。

 アーノルドの改革が功を奏してラグビー・スクールは健全な学校として評判を高め、他の学校ものきなみ真似るようになった。それに伴い、アーノルドが校長として就任するより少し前に同校で生まれた新たなスポーツがラグビーの名で普及し、19世紀後半には全国のパブリック・スクールで必修とされ、今日に至るのだった。

 日本で高校のラグビー部を舞台とした『スクール・ウォーズ』というテレビドラマの放映が開始されたのは昭和59(1984)年のことだが、期せずしてその主人公であるラグビー部顧問の教師にはアーノルドの姿が重なって見えもする。そんなことにも思いを馳せながらワールドカップを観戦するのもまた一興であろう。

 またトマス・アーノルドについてもっと知りたい人には山本浩著『フットボールの文化史』(ちくま新書)、杉山健一郎著『500年前のラグビーから学ぶ』(文芸社)、新井潤美著『パブリック・スクール──イギリス的紳士・淑女のつくられかた』(岩波新書)などがお薦めである。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など多数。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  4. 4

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  8. 8

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。