記事

【ホールフーズ】、CBDボディケア商品を13州に拡大!味の素はNGで大麻成分はOK?

[画像をブログで見る]

■アマゾン傘下のホールフーズ・マーケットは18日、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使用した製品を13州にある店舗でも販売を始めることを発表した。大手チェーンストアなどが大麻成分を含むCBD製品の流通拡大させていることにより、マリファナ合法化の動きが全米で加速する可能性がある。

ホールフーズが扱うCBD製品は様々なソープとなるボディケア用品。サプリメントなどの食品は扱わない。

今回拡大する州はカリフォルニアやネバダ、テキサス州など13州で、これにより4分の3となる359店(29州)でCBD製品を扱うことになる。

なお大麻の茎や種子に含まれるCBDは、大麻のもう一つの成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)と作用が異なり、精神を活性化する作用はなく、ハイになるなど幻覚作用はない。

CBDは不安や痛み、不眠、炎症、さらにはガンにまで効果があるなどとうたわれてはいる一方、信頼のおけるリサーチはほとんど行われていないという。

ただ最近ではスーパーマーケット最大手のクローガーやドラッグストアチェーンのCVSやウォルグリーン、サプリメントを販売するチェーンのGNCやビタミンショップ、ティーンアパレルのアメリカン・イーグルやアバークロンビー&フィッチなどもCBDを含む外用薬を取り扱い始めている。

コスメチェーンのセフォラやアルタでも30〜60ドルの価格帯でオイルやローションなどの製品の販売を開始している。

マットレスのオンライン販売で急成長しているキャスパー(Casper)では、CBDを含んだ睡眠用グミの販売を始めた。キャスパーが扱うCBDスリーピング・グミはプラス(PLUS)で、メラトニン1mgとCBD25mgを含んでおり14個入りで35ドルとなっている。

 連邦議会で昨年末に可決されトランプ大統領が署名した「農業改善法2018(The Agriculture Improvement Act of 2018)」では、規制物質法(Controlled Substances Act)よりTHC濃度が0.3%未満の大麻製品が除外された。この農場法により、一部の大麻入り食品の製造や、流通および販売は、合法とみなされるようになったのだ。一方で連邦食品法などの現行の法律ではCBDやTHCのような原材料を食品に混ぜたり、サプリメントとして販売することを禁じている。

 大手チェーンストアを中心に服用CBDも扱うようになれば、ホールフーズもララックス効果の高いCBDオイルを販売する可能性もある。

 ホールフーズでは「グルテン・フリー(gluten-free)」「ラクトース・フリー(lactose-free)」「抗生物質フリー(antibiotic-free)」などアレルギーの原因となる物質や、(必ずしも科学的に証明されているわけではないが)消費者から健康に悪いと思われている物質や添加物を取り除いた食品を扱っている。

ホールフーズはフリーフロムで味の素はダメでも、大麻成分はOKということになるのだろう。

トップ画像:ホールフーズ・マーケットでも大麻成分のCBDを含んだボディケア商品の販売を拡大している。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。(愛煙家の方には申し訳ないと思ってはいるのですが)個人的には日本で大麻がダメならタバコも禁止にしてもらいたいと思っています。後藤は基本的に煙がダメでタバコを吸っている人の近くにいると喉がイガイガしやすくなり咳こんでしまうのです。したがって煙を吸引する大麻もノドを痛めるのでダメです。ただ大麻成分のCBDには興味があります。後藤はコンサルティングで東海岸や西海岸を往復することがあります。アメリカでは東部と西部とでは3時間の時差があり、ニューヨークに行くと寝たいときに眠れない、時差ボケとなるのです。さっさと寝ないと翌日の仕事に影響がでますから、メラトニンなど睡眠導入剤を使うことがよくあります(コスパがいいのはトレーダージョーズのメラトニンです)。ただメラトニンは若干リラックスする程度の作用で、午後以降にカフェインを摂ると全く効果がありません。リラックス効果の高いとされる「飲む」CBDはちょっと試したいのですね。

 CBD市場の急成長でいずれトレーダージョーズでもCBDを扱うでしょうね。ちなみにトレダージョーズもグルタミン酸ナトリウムの味の素(MSG)はNGです。

あわせて読みたい

「大麻」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  4. 4

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  5. 5

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  6. 6

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  7. 7

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。