記事

FRB利下げは「経済を支援」、地区連銀総裁2人が見解


[エフィンガム(イリノイ州)/サンフランシスコ 23日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁と米セントルイス地区連銀のブラード総裁は23日、それぞれの講演で、連邦準備理事会(FRB)の利下げや、利上げ路線からの政策転換によって今年の経済が支援されているとの見解を示した。

ただ、世界的な景気減速や貿易摩擦、地政学的リスクなどの逆風があるにもかかわらず、今後さらなる政策緩和の可能性を示唆したのはブラード総裁のみだった。

ブラード総裁は、FRBによる昨年以降の政策変更により、金融政策は1年前に比べ「かなり緩和的」になったが、市場は一段の追加緩和を想定していると指摘。

米国債の足元の「イールドカーブ」について、一段と正常化したようにみえるが、それは「市場が(FRBによる)将来的な政策変更を予想しているためだろう」と述べた。

デイリー総裁は、FRBによる金融緩和が、経済の足かせとなっているさまざまな問題の影響を「一部」相殺しているとの認識を示した。ただ、より完全な影響相殺に向けた追加緩和を支持するかどうかについては言及しなかった。

デイリー総裁は、FRBが今年これまでに実施した利下げには支持を表明。金利が低下すれば、世帯は住宅ローンの借り換えが可能になると指摘。支払い負担の軽減により消費支出が促されるとし、企業支出など他の経済分野の減速を「一部相殺」できるとの見方を示した。

FRBは今月17─18日に開いた直近の連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を1.75─2.00%に25ベーシスポイント(bp)引き下げた。今年2回目の利下げで、当局者らは今後は「会合ごと」に決定するとし、追加利下げへの明確なコミットメントは示していない。

デイリー総裁は今年のFOMCで投票権を持たない。ブラード総裁は投票権を持ち、直近の会合で50bpの利下げを主張した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  4. 4

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  5. 5

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  6. 6

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  7. 7

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

  8. 8

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

  9. 9

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

  10. 10

    鳩山由紀夫氏“民主党は内ゲバで崩壊”と的確な分析に賛同も「急にまとも」と困惑続出

    女性自身

    09月22日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。