記事

1万円から始める株式投資

2/4

デイトレードに向いているのは、昔の恋を引きずらないタイプ

小口:不景気で株の話があんまり出てこなくなっちゃったじゃないですか。でも、森永さんに言わせるとそういう時こそチャンスだと?

森永:そうです。特に若い人にとってはチャンスなんです!

仲俣:ホントですか?

森永:10年ぐらい前の株式ブームの時にですね、大学生で3億円稼いだ子が名古屋のほうにいたんですけど、私、インタビューしたんですね。彼は“デイトレード”っていうのをやっていたんですけど。

仲俣:デイトレード?

森永:株の買い方って、中長期で1つの株を買って、長い期間で値上がり待つ、あるいは配当金を待つっていうやり方と、瞬時に勝負を仕掛けるデイトレードってやり方があるんです。それで彼がすごかったのは1000万円の株を買って「あっ、違った!」と思ったら、1秒後に損切りしているんですよ。

仲俣:えー!!すごい決断!

小口:1000万がもうすでに900万になっているかもしれない。それでもいいから?

森永:そうそうそう。デイトレードっていうのは、どうやるかっていうと。どの値段でどのぐらい注文がでているかがわかる「板情報」っていうのが出ているんですよ。ここに出ているのは、結構インチキが多いんです。要するに、値段を釣り上げるために、買う気もないのに注文だすっていうのも結構あるんですね。そういうのを本当か嘘かっていうのを見分けて「こっちだ!」っていって勝負をかけるんですけど「間違えた!」って思ったら、瞬時に解消しないといけない。

仲俣:うわー、怖いですねー!

森永:デイトレードで勝てる人の特徴は過去をひきずらないこと。だから、1000万投資して、それにしがみついちゃうような人は絶対勝てない。もうドライに切り捨てていくこと。だから、デイトレードでは、昔の彼女・彼氏をずるずる引きずっているようなタイプは絶対勝てない。そしてもう1つは、デイトレードは若くないとできないんです。私は3億円稼いだ彼にノウハウを教えてもらって、その通りにやったんですけど、全然ダメなんです。なんでダメかっていうと、年をとると、頭で理解してから指が動くまで時間かかって追いつかないんですよ。だから、若くって、反射神経もよくて、運動能力も高くないと、デイトレードは勝てないんです。

小口:ちょっと待ってね!今日は1万円から始める株式投資ですからね!「3億を稼ぐ株式投資」じゃないですよ。

仲俣:話が大きくなっちゃいましたね。

森永:1万円使ってデイトレードやってもいいんですけど、1時間ぐらいでなくなっちゃうかもしれないので(笑)とりあえずデイトレードは置いときましょうかね。

「ミニ株&るいとう」で 1万円から株取引!

小口:インターネットで口座を開設しました。で、そのあとに、1万円を入れますよね。その1万円をどんな風に使ったらいいのか?

森永:ここが問題で、株式っていうのは、会社ごとに決まっている単元株っていうのがあって。1株で取引できるところもありますし、100株、1000株っていうある一定のまとまりがないと、普通に売買ができないところもあります。その単元株を持つと、例えば「株主総会で議決権を行使できる」「株主優待をもらえる」こんな特典があります。どんな株主優待があるかというと、食べ物系の企業なら食事券をくれたりします。だから、そういうのを目当てに買う場合は、単元株っていう基本的な取引単位で買わないといけないんです。

その単元株を買おうとすると、1万円ではちと苦しい。でもあるんですよ、単元株買っても1万円行かないところは。ただ、これは一般論で特定の会社のことを言うわけじゃないですけど、そこまで値段が下がっている会社は、中には結構危険なところもあるんですよ。そういう状態のところの単元株を買って、一か八か勝負するっていうのも1つの生き方ですけど、ただそれは本来の株式投資のやり方ではないので。

小口:だって、株式投資って元をたどっていくと、会社を応援していくって意味もあるんじゃないですか?

森永:小倉優子ちゃんのやっている株式投資はまさにそれなんです。彼女は化粧品とかファッションとかに詳しいわけですよ。だから「ここは伸びるな!」と思ったところの株を買う。そうすると、人気が集まって、売上が伸びて、株価も上がってくる。「私、そんなに損したことないですー」って言っていましたよ。ただこの方法では、自分がよく知らないジャンルの株で儲けるのは難しいんです。でも、そういう風に株を買って応援するっていうのが、正しい株主の姿勢なんです。

小口:ちょっと話を戻しまして「1万円からはじめる」っていうのが今回のキーワードなんですが・・・。

森永:1万円からはじめるのに、1つの入口として有利なのが「ミニ株」です。これは、単元株の10分の1で買える。例えば、単元株が1000株だとしますよね。そうすると、ミニ株は100株から買えるんです。だから10分の1の投資で、株式を始められるので「ミニ株」っていうのは有利なんです。ミニ株の対象になっている銘柄っていうのは限られているんですが、結構、色々なものがあるので、これであちこち分散するっていうのはできるんですね。配当はもらえるんですけど、唯一の問題は株主優待がもらえないんです。

小口:しょうがないですよね。それだけ単位が少なくなっているわけだから。

森永:そうなんですが、本当は株主優待がもらえているんです。どういうことかというと、株主を発行している会社は、その証券会社に株主優待を渡しているんです。ここからはきちんと確認したわけじゃないんですけど、噂によると分割して、ミニ株の保有者に株主優待をわけている会社もあるって聴いたことがあります。だけど私ね、それは難しいんじゃないかと思ういます。だって、分割できないものだってありますからね。分けられるものだけかもしれないですが。ごく一般的にいえば、ミニ株は株主優待はもらえません。ただ、ミニ株の買い増しといって、単元株に達すれば、(株主優待を)もらえるっていう証券会社はたくさんあります。

小口:じゃあ、気に行った会社があって、コツコツ買い貯めたいっていう場合はいいですね。

森永:そのコツコツ買い貯めたいっていう人には、もう1つ「るいとう」っていうのがあります。これは、毎月5000円とか、一定の金額を出して株を買っていって、少しずつ株を増やしていく仕組みです。積立貯金のような感じですね。これは貯めていって、単元株に達すれば、株主優待がもらえます。「るいとう」のいいところは、一定額を買い続けるので、株価が安い時はたくさん買えるんですが、その会社の株が高い時は少ししか買えない。だから、安い時にたくさん買うっていうのが、自動的にできてしまうっていう意味では、いい方法ではあるんですよね。まずそこから入るっていのは、1つの方法かもしれない。ただ、ミニ株をやるにしても、どの会社を選ぶのかっていうのは、すごく重要です!

あわせて読みたい

「森永卓郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  3. 3

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  5. 5

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  6. 6

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  7. 7

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  8. 8

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  9. 9

    自民党内で広がる石破茂氏推す声

    SmartFLASH

  10. 10

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。