記事

合成の誤謬

「消費増税に節約で勝つ 日常生活品にこそ削る余地あり」(日経電子版~マネー研究所

合成の誤謬の典型。

「全員が貯蓄をしようとすると、誰も貯蓄が出来なくなる社会になる」

これは野村総合研究所に出向した1991年にリチャード・クーさんから教えられた「経済の格言」の一つ。

この格言に倣えば

個々人が消費税に節約で勝つことを目指すと、だれも節約で消費税に勝てない社会になる

ということ。

多くの人に節約を迫ることが消費増税の最大の問題であり、現時点で最悪の経済政策である所以なのだ。

80年代末の「シーマ現象」や高度成長期の「3C三種の神器」からも明らかなように、人々が少しの贅沢を目指すからこそ経済は成長するのだ。節約に励む人たちが、必要不可欠なものを安く買おうとすればするほど、経済成長から遠ざかることになる。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  8. 8

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。