記事

合成の誤謬

「消費増税に節約で勝つ 日常生活品にこそ削る余地あり」(日経電子版~マネー研究所

合成の誤謬の典型。

「全員が貯蓄をしようとすると、誰も貯蓄が出来なくなる社会になる」

これは野村総合研究所に出向した1991年にリチャード・クーさんから教えられた「経済の格言」の一つ。

この格言に倣えば

個々人が消費税に節約で勝つことを目指すと、だれも節約で消費税に勝てない社会になる

ということ。

多くの人に節約を迫ることが消費増税の最大の問題であり、現時点で最悪の経済政策である所以なのだ。

80年代末の「シーマ現象」や高度成長期の「3C三種の神器」からも明らかなように、人々が少しの贅沢を目指すからこそ経済は成長するのだ。節約に励む人たちが、必要不可欠なものを安く買おうとすればするほど、経済成長から遠ざかることになる。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  4. 4

    韓国社会を映す韓流スターの自殺

    渡邉裕二

  5. 5

    「サイゼ料理をアレンジ」は面倒

    fujipon

  6. 6

    中村哲医師はなぜ銃撃されたのか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    出所したら…新幹線殺傷男に衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    朝日が早期退職募集 新聞の明暗

    AbemaTIMES

  9. 9

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  10. 10

    Nスぺ地震特集に「完成度低い」

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。