記事

合成の誤謬

「消費増税に節約で勝つ 日常生活品にこそ削る余地あり」(日経電子版~マネー研究所

合成の誤謬の典型。

「全員が貯蓄をしようとすると、誰も貯蓄が出来なくなる社会になる」

これは野村総合研究所に出向した1991年にリチャード・クーさんから教えられた「経済の格言」の一つ。

この格言に倣えば

個々人が消費税に節約で勝つことを目指すと、だれも節約で消費税に勝てない社会になる

ということ。

多くの人に節約を迫ることが消費増税の最大の問題であり、現時点で最悪の経済政策である所以なのだ。

80年代末の「シーマ現象」や高度成長期の「3C三種の神器」からも明らかなように、人々が少しの贅沢を目指すからこそ経済は成長するのだ。節約に励む人たちが、必要不可欠なものを安く買おうとすればするほど、経済成長から遠ざかることになる。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。