記事

千葉災害で森田知事批判!被災者を煽って劇場化する「電波芸者」の坂上忍

首都圏で東京、神奈川、埼玉に次ぐ人口を持つ千葉県が〝陸の孤島〟と化した。

沖縄、九州は台風17号で多大な被害を受けたが、先の台風15号は、首都圏を直撃し大きな爪痕を残した。最も被害を受けたのが千葉県だ。大規模停電や断水、携帯などの通信手段の寸断、さらには道路や家屋の損壊など、これまで経験したことがない被害を受け、発生から2週間が経った現在でも停電の続いている地域があるほど。

東電・森田知事・安倍政権を批判して被災者感情を煽るマスコミ

共同通信社

台風15号は「コンパクト」ながらも、中心気圧960hPa、風速40mという〝強い勢力〟を保ったまま9日に千葉市に上陸。千葉市中央区では観測史上第1位となる最大瞬間風速57.5mを記録した。

「上陸の前日、神津島付近で再発達し、一時は中心気圧が955hPa、風速45mという勢力になりました。この勢力を保ったまま関東を直撃したのは非常に珍しく、関東では過去最強クラスの台風上陸となりました」(気象予報士)。

こういった自然災害が起こると、決まって起こってくるのが国や都道府県、各自治体の責任論だ。今回も、まるでお約束ごとのように初動の遅れを、それこそ楊枝で重箱の隅をほじくるかのようにメディアは批判していた。

東京電力に始まり、森田健作千葉県知事、安倍政権の対応、さらには組閣に至るまで、とにかく、メディアは住民の感情を煽りまくって、災害ネタを競って劇場化、あるいはワイドショー化しようとする。登場するタレントやコメンテーターも神妙な顔つきで「怠慢だ!」「無能だ!」と、まるでオウムのように繰り返す。ま、それも事前の打ち合わせ通り。大して頭も使わず行政の鈍さを指摘していれば、視聴者からは「よく言った!」と言われると思い込んでいるのだろう。

確かに、過去最強クラスの台風が直撃するのだから事前に警戒をすべきだ。が、自然災害においては、いうのは簡単だが全てを予測するのは困難だろう。気象庁が「暴風の恐れがある」と言っていたんだから「(千葉県は)事前に自衛隊を待機させておくべきだった」などとコメントしている評論家もいたが、さすがに自衛隊に限らず関係各所は全て待機していたはずだ。

今回のケースは、県の対応の鈍さに加え、組閣による政治的な空白もあっただろうが、最大の問題は復旧に際しての東電の予測や対応が二転三転したことだろう。見通しの甘さが事態を大きくしたことは否めない。しかし、一方で真っ先に現場に向かっていた東電でさえ、その被害状況の確認が取りきれなかったことも今回の災害の大きな特徴だったといえる。

この状態下での対応は正直言って難しかったに違いない。下手をしたら二次災害だって起こり得る。批判の的となっている森田知事だって判断がつかなかったはずだ。

だいたい、東電どころか各市町村の担当者も把握しきれない、さらに通信機能も寸断されている中で被害状況を把握して対応しろというのは、最新鋭のAIを駆使しても無理だろう。

森田健作知事を叩きまくるバイキング・坂上忍

BLOGOS編集部

それにしても、今回の災害で図らずも露呈したのはメディアのご都合主義と無責任さだった。中でも際立っていたのが、フジテレビ「バイキング」だ。「バイキング」というより、俳優の坂上忍といった方がいい。

とにかく坂上は、初動の遅れが指摘されていることで森田知事を批判しまくった。坂上は「千葉在住」だというが、番組では「災害があってから森田さんの顔、どれだけ見ましたか?」と怒り心頭に言えば、さらに「ものすごい他人事なんですよ」。

おいおい、テレビでそんなことを言っていいのか?

私が知る限りではあるが森田知事は、台風の上陸直後から被害状況の確認に動いていたし、その時点で最悪の事態を予想して官邸と支援策の協議を始めていた。もっとも、組閣が重なったことから通常より時間を費やした部分もあるが、ある新大臣からは組閣直後に森田知事に会って協議したことも聞いている。

もちろん、メディアに対して会見もやっていれば、台風上陸の被害を受けて10日未明に航空自衛隊中部航空方面隊(入間基地)、陸上自衛隊第1空挺団(習志野駐屯地)、さらに11日には海上自衛隊第21航空群司令(館山航空基地)に災害派遣を要請している。その後、陸上自衛隊は24時間態勢で倒木撤去に当たっていた。

「森田はタレント知事なんだから、もっとメディアに発信すべきだった」という声もあったが、都合のいいときだけ「タレント知事」と言われるのも辛いところ。しかし、台風上陸後のメディアは「組閣」が中心で、それこそ災害報道は二番手。日韓問題と同等ぐらいの扱いだったように思う。

要は、メディアも当初は、千葉県内の被害については深刻度が低くニュースとして重要視していなかった。情報も乏しく状況を把握していなかったと思われる。それが、上陸3日後くらいから、東電の会見が迷走し始めたことで「これは」と騒ぎ出し、「組閣は延期すべきだった」とか、県や政府の対応を批判し始めていったというところだろう。

現実的でない森田知事批判 あげ足取りまで

共同通信社

ところで、坂上が森田知事批判を始めたのは、発生から9日経った18日の放送から。完全復旧できない千葉県の現状について議論する中で飛び出したが、その後も19日、23日と3日間も特集していた。

「市町村はてんてこ舞いになっているから、まずは県がやるべき」

「市町村から(状況を)吸い上げるのを待っているのではなく、あんたらが行きなさいよ」

いうのは自由だが、どうにも現実的な批判になっていない。

これは千葉県という地域性もあるのだろう。首都圏といっても房総半島は山間部が多い。しかも、住民の高齢化が進んでいることも大きかった。家屋だって、今回のような災害を想定して建てていない。電柱が2000本倒壊したことについても「無電柱化」を後回しにしていたツケなんて批判する意見もあったが、もはや、そんなことは論外である。

停電の復旧にしても東電だけでは間に合わず、全国から8000人以上の応援が来たという。とにかく作業員が足りないのである。しかし、坂上は「東日本、熊本、広島…ああいうのを見てきて、何を勉強して、予測を立てて、災害が実際に千葉県に降りかかったときに、どういうリーダーシップを取ってくれるのかという話」とも言い放っていたが…。

さらに批判は続く。森田知事が官邸を訪れ、安倍晋三総理と会談。「誰が悪い、これが悪いではない」と発言したことに対しても「こういう有事のときに総理官邸に、あのタイミングで行かれても」「被害を受けた千葉県の首長がそんなことを言っているのか?」とあげ足を取ろうとする。

繰り返しになるが、自然災害を相手に予測を立てるのは理屈ではいかない。確かに、災害など有事の際はトップの判断が重要だが、坂上の論理は無茶苦茶である。因縁をつけているとしか思えない。

今井絵理子政務官はスルー?坂上忍の忖度姿勢

BLOGOS編集部

みのもんたが姿を消した今、その後釜を狙い、自らの存在をアピールしたいだけなのかもしれないが、坂上のご都合主義というかタチの悪いのは、森田知事は批判しても、今回の組閣で内閣府政務官に就いた、元SPEEDのメンバーで参院議員の今井絵理子氏については完全にスルーしたこと。

今井氏は「防災」の担当になり、「バイキング」で森田知事を批判する放送をしていた19日には被災地である君津市や富津市で支援物資の拠点や自衛隊による入浴支援、家屋の破損、停電で営業停止中の商業施設などを視察したのだが…。

「おそらく坂上は森田知事のことが嫌いなんでしょうけど、今井氏の内閣府政務官就任はネットでも批判が巻き起こっていましたし、何より防災担当としての最初の仕事が今回の災害になっているわけですから、それを何も語らないというのは、ちょっと理由がつきません。おそらく、所属事務所の問題があるのかもしれませんね。ベッキーの不倫騒動でも批判していたことを考えると、サンミュージックに対しては何でも言いやすいが、今井氏に対しては波風を立てたくないと忖度したとも考えられます」(芸能関係者)。

まさか、ここでも〝圧力〟なんてことは思いたくないが、そういった些細なことで説得力を失う。

確かに、坂上も理にかなったことをいうこともあるが、とはいっても、所詮は〝電波芸者〟。芸能界に長くいるだけあって視聴者ウケする要素は心得ている。だからと言って視聴者の感情を煽ったところで何の意味があるのか?視聴率アップ?

千葉県の災害については、まずは日常を取り戻すことが最優先であり、災害への取り組み方については今後、改めて検証していくべきことだろう。同時にメディアも災害報道のあり方について再検証すべきである。もちろん坂上も。

それにしても、あれだけ携帯が使えないって言っているのに「SNSで情報を得るべきだった」なんて平然とコメントしていたアイドルもいたわけで、正直なところマスコミの情報伝達自体も情けない限りである。

あわせて読みたい

「坂上忍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  4. 4

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    GoTo決断を押し付け合う菅VS小池

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。