記事

話題沸騰『全裸監督』 その妥協なき異色の制作体制

話題沸騰の『全裸監督』(EverettCollection/AFLO)

 8月8日、山田孝之主演の『全裸監督』がSVOD(定額制動画配信サービス)業者・ネットフリックス(Netflix)のオリジナルドラマとして世界190か国で同時配信された。

 このドラマは「AVの帝王」村西とおるの半生を描いた作品で、1980年代のAV業界を舞台に、女優・黒木香との出会いや、そこに登場する人々のさまざまな生き様が交差する物語だ。主人公・村西を演じる山田孝之が白いブリーフ一丁で女優たちと絡む姿や、ハードなシーンでもモザイクを一切用いない演出に視聴者は大いに驚いた。

 黒木香役の森田望智や、村西の前妻役の階戸瑠李をはじめ、女優たちはきわどいシーンで決して綺麗ではない、不格好で生々しい演技を披露している。過激な性描写など現在の地上波では観られない表現に話題が集中しがちだが、ヒットの背景には日本のテレビ界にはない異色の制作体制も関係している。

 日本のテレビドラマの場合、多くは1人の脚本家によってドラマ全体の世界を作ることが多い。しかし、アメリカのドラマ制作ではよりエンターテインメント性が出るという考えで複数のアイデアを活かすチームが組まれるのが一般的だ。本作は4人の脚本家がチームとなり、1年かけて脚本が練られた。

 中盤から村西たちの本拠地となる歌舞伎町の一角をまるごとセットで作り、ハワイでセスナ機に乗った村西とおるが窓の外に向かって叫ぶシーンはCGではなく実際の撮影だった。大がかりな予算とスケールの妥協なき制作体制のもとに生まれた『全裸監督』には、地上波ではもはや実現不可能な映像の醍醐味が詰まっていると言える。

※週刊ポスト2019年10月4日号

あわせて読みたい

「全裸監督」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  3. 3

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。