記事

『DTテレビ』生みの親は藤田晋サイバーエージェント社長だった

1/2
DTとは卒業せねばならぬもの(イラスト/ヨシムラヒロム)

 ユニークな番組が並ぶAbemaTV、そのなかでも異彩を放っているのが『DTテレビ』(※DTとは童貞の略)だ。番組のコンセプトは「童貞の、童貞による、童貞のための番組」、裏テーマは道半ばの者だけが体感できる「青春」だ。司会はチュートリアルの徳井義実、アシスタントは元アイドリング!!!・朝日奈央が務める。そんなバラエティ界の猛者二人のお膝元で自身の道程を語るのがひな壇に座る童貞達。2017年10月の配信開始以降、童貞の会員制クラブは沸き立ち、止むことのない不毛な議論は月日を経るごとにヒートアップしている。少しビターな童貞青春バラエティ番組『DTテレビ』はいかに誕生したのか。株式会社AbemaTV 番組プロデューサー・濱崎賢一氏に、実家が振り込め詐欺に遭ったとき『DTテレビ』を視聴し、気持ちを立て直したイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が聞いた。

 * * *
──2017 年 10 月にスタートした『DTテレビ』ですが、番組はどのように誕生したのですか?

濱崎:2017年1月に始まったブスの女性達が語り合う『おぎやはぎの「ブス」テレビ』の反響が大きかったことがキッカケでした。配信をはじめてから3ヶ月ほど経った頃、企画会議で社長の藤田晋から「『ブステレビ』の男性版を作ったら良いんじゃない。『DTテレビ』とか」と提案されたんです。

──『DTテレビ』の生みの親は藤田社長なんですか!驚きました。

濱崎:そうなんですよ。ただ最初『DTテレビ』のアイデアを聞いたときは、ちょっと難しいかなぁと思いましたね。藤田が『DTテレビ』を忘れてくれることを願って、自分の中で1回、企画を保留にしてたんですよ。しかし、次の会議で藤田から「『DTテレビ』の企画どうなってる?」と聞かれ「ヤバい、覚えてる」と急いで企画書を書きました(笑)。

 藤田は『DTテレビ』に関していえば、かなりテンションが高かったですね。

──藤田さんって童貞への思い入れが強い方なんですね、意外でした。話は少し戻りますが、濱崎さんは『DTテレビ』の企画を聞いた際、テレビマンとして具体的にどこが難しいと思ったのですか?

濱崎:童貞がテーマの番組を作ることに興味はありましたが、何回も放送できるほどネタがないように思えました。例えば『ブステレビ』の場合は、ブスが実は男にモテていたり、すごく悲しい振られかたをしたり、と女子トークができるわけですよ。また、「ブス」というテーマは意外と広い部分をカバーできるんです。「ブス」という形容は他人に抱きやすい感情だけど、自分でも「うわぁ、今の自分ってブスだなぁ……」と自己嫌悪することってありますよね。どんな美女にもブスな瞬間は訪れます。ブスとはある意味、永遠に話ができるテーマなんです。

 ただ、童貞となると違います。結局は“できなかった”話にまとまってしまいますからね。トークの手札がブスと比べた際、圧倒的に少ないように思えました。

──僕は『DTテレビ』をキッカケに司会の徳井さん、朝日さんのファンになりました。2人はどのように選ばれたのですか?

濱崎:『DTテレビ』の司会者は、童貞の先生みたいなポジションとなります。当たり前ですが、モテない人には出来ない役割です。かといって、ただのチャラ男や女好きは嫌でした。すごくモテるけど、心に童貞を飼っていて、なおかつ男からも憧れられるセクシーさを持つ人が良かったんですね。結果「チュートリアルの徳井さんにお任せしたい」となりました。徳井さんって、明るい変態キャラなんですけど少し影があるんですよね。

『DTテレビ』は必然と男所帯となります、出演者が男ばかりだと油断するじゃないですか。女子の学級委員長的なキャラが欲しいと思ったんです。そこで浮かんだのが朝日さんでした。足を露出したショートパンツを履きこなす美人さんなんですが、良い意味でエロさがない。アイドリング!!!の元メンバーだけあって、ガンガンツッコミもできるし適任者でしたね。朝日さんは現在25歳なんですが、以前やった特番で一緒に仕事をしてみて「こんな仕事できる若い人がいるんだ……」と感心したこともあってお願いしました。

──番組がスタートする頃には、ネタ不足は解消されていたのでしょうか?

濱崎:いいえ(笑)。みうらじゅんさんと伊集院光さんの共著『D.T』(2002年初版)も読みました。“DT”の語源となった名著から、“童貞=青春”という「番組の骨」に行きつきました。そして、DTとして笑っていられるのはエネルギーがみなぎっている20代が限界だと気づかされましたね。しかし、ネタ不足の不安は拭えなかった。

 実は徳井さんに出演オファーしたとき徳井さんからも「企画は面白いけど、10回くらいが限界かもね」と言われました。

──最も気になる点なのですが、ひな壇に座る童貞のみなさんはどのように集めていったのですか?

濱崎:タレント事務所、エキストラ事務所、そしてサイバーエージェントの社員にも声をかけていきました。童貞を集めていく過程は文化祭で模擬店を一緒にやる仲間が増えていく感覚に似ていて楽しかったですよ。

 現在も番組では童貞を募集しているのですが、かなりの人数がオーディションに来るんですよ。参加者の中には、経験済みなのに童貞を詐称する不届き者もいますが、我々もだんだんと本物と偽物を見抜けるようになってきました、不思議と(笑)。

あわせて読みたい

「AbemaTV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  4. 4

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  5. 5

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  6. 6

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  9. 9

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  10. 10

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。