記事

災害時に地元にしか知り合いがいないと助からない-全国に弱いつながりを

「被災していない地域の人とつながりがあったおかげで安心できた」と語るのは、台風15号で被災した千葉鴨川に住む占い師メイさん。

被災している地元の人同士だと励ましあうといっても、お互い被災していて大変なことも多いし、助け合うにしろ限界がある。

でも被災していない地域の人とつながりがあれば、安心できるし支援を要請することもできる。

東日本大震災時に、全国いくつかの商店街同士のネットワークがあったおかげで、助けられたという話を聞いた。

同時被災しないネットワークが、災害時の命綱となるのだ。

災害時には地元のつながりはもちろん大切で、助け合いによって助かる可能性はある。

しかし被害を受けた者同士で助け合うには限界がある。

災害時に助かっても、その後の復旧作業が長引けば、地元だけでは共倒れしてしまう可能性がある。

そんな時、全国全世界に強いつながりではなく、弱いつながりでいいから、あれば助け合うことができる。

ネットで発信すれば、いろんな地域の人とつながれる。

何か災害があった時には、意外と弱いつながりの人が助けてくれたりする。

だから、地元だけしか知り合いがいないというのはまずい。

ネットでもリアルでも、いろんな人とつながることが災害時の命綱になるのです。

だから仕事獲得じゃなくてもいいので、ブログやSNSで発信して、いろんな人とつながっておくとよい。

そしてもし被災された方がいたら、できる範囲で手助けする。

もし被災したら我慢せず、困ったこと助けて欲しいことを発信すること。

そんなことも頭に入れておくと、災害で被災したあと助かるはず。

あわせて読みたい

「災害」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  2. 2

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  3. 3

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  4. 4

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  6. 6

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  7. 7

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  8. 8

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  9. 9

    ケンコバ語るTV業界の忘年会離れ

    AbemaTIMES

  10. 10

    玉木代表が野党再編で蚊帳の外に

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。