記事

元若乃花、御嶽海の優勝“投げキッス”に笑み「かわいらしい。時代が変わりました」好角家・高須院長も「初めて見た」


 元横綱・若乃花の花田虎上が、大相撲・秋場所で2度目の優勝を飾った関脇・御嶽海(出羽海)について、優勝インタビューがした投げキッスに「かわいらしいですね。時代が変わりました」と笑った。

 御嶽海は12勝3敗の成績で、関脇・貴景勝(千賀ノ浦)と並ぶと、優勝決定戦では豪快な寄り切りで勝ち、見事に2度目の優勝。2横綱1大関が休場と、上位不在の場所を盛り上げ、さらには自身が目標とする大関取りの足がかりともなる、大きな優勝を成し遂げた。


 本割の遠藤戦、優勝決定戦の貴景勝戦、2つの快勝も高く評価した花田だったが、この日もっとも反応が大きかったのは、優勝力士インタビューだ。気分を聞かれれば「最高です」、優勝を意識したのは「決定戦ぐらい」と、12勝には「やればできるんだと思いました(笑)」と、力士というよりは若者らしい受け答えで、度々館内の笑いを誘うと、最後にアナウンサーから母親が応援に駆けつけていたことを問われると「どこかにいるかなあ」と見渡した。さらに、見つけた後、母親に向かって投げキッス。照れもあったのか「いや、ありがとうございます」とはにかんだ。


 この一連の様子を見届けた花田は、AbemaTVの中継内で「優勝インタビューもかわいらしいですね。時代が変わりました。お母さんって言って(投げキッス)できるんですから(笑)」と目を細めると、続けて「僕らの時代では考えられないです。新しい時代、相撲とともに変わりつつあるんですかね」と、終始笑顔で振り返った。また、ゲスト出演していた好角家の高須克弥院長も「お相撲さんが投げキッスをするの、初めて見ました」と笑っていた。

(C)AbemaTV

▶【映像】御嶽海、母に向かって優勝の“投げキッス”

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  4. 4

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  6. 6

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

  7. 7

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  8. 8

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  9. 9

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。