記事

「21世紀で最も残酷な監視社会」ウイグルで今起きていること

習近平・中国国家主席が進める「ウイグル版文化大革命」とは(AFP=時事)

 混乱が続く香港。9月4日には香港政府がデモの引き金となった「逃亡犯条例」改正案を撤廃したものの、市民による大規模な抗議活動は終息の兆しが見えない。大陸の動向が読めない状況で多くの市民が怖れるのは、「中国政府による香港のウイグル化」という悪夢の到来である。

 中国の最西端に位置する新疆ウイグル自治区はかつて中央アジアを横断するシルクロードとして繁栄し、1955年に中国の自治区となって以降はイスラム教徒であるウイグル人を中心に様々な民族が共生してきた。近年は中国政府によるウイグル人弾圧が国際社会で繰り返し批判されている。この地域で、いったい何が起きているのだろうか。

「20年ぶりに訪れたカシュガルは完全に中国の街で、いたるところに設置された監視カメラがウイグル人市民の動向を常時チェックしていました。建物に入るには厳格な安全検査が求められ、交番近くのスピーカーからは、『社会秩序を乱す悪を徹底排除しよう!』との大音量の警句が中国語とウイグル語で交互に流れていました」

 こう振り返るのは、『ウイグル人に何が起きているのか 民族迫害の起源と現在』(PHP新書)の著者でジャーナリストの福島香織氏だ。今年5月に新疆ウイグル自治区のカシュガル市を20年ぶりに訪れた福島氏は、この地域が「21世紀で最も残酷な監視社会」になったことを実感したという。

「住民は身分証番号と住所、使用しているパソコン、携帯電話やスマートフォンなどの登録を義務づけられており、街中に監視カメラと交番があります。携帯やスマホにはウイグル人専用の監視アプリをダウンロードする必要があり、SNSやメールの内容は警察当局に筒抜けのうえ、GPSで24時間居場所を把握されています」(福島氏)

 この地のウイグル人は、AIやIT技術と豊富なビックデータの組み合わせによる「社会信用システム」で徹底的に管理されている。

「例えば首府のウルムチ市では各市民に基礎ポイントが与えられ、その増減によって社会的な信用度が決まります。減点対象になるのは、『宗教知識がある』『毎日礼拝している』『海外留学中の子供がいる』といった項目です。アプリのダウンロードを拒否したり、社会信用システムのポイントが低くなったら、身柄を拘束されて“再教育施設”に入れられる怖れがあります」(福島氏)

 福島氏が口にした「再教育施設」(正式には「職業技能教育研修センター」)こそ、「現代のラーゲリ(収容所)」として欧米から批判される悪名高き施設である。

「再教育施設は、過激派宗教に染まった人々の社会復帰を支援するとの名目で、2014年以降に導入されました。2017年3月から8か月間、再教育施設に入れられたカザフスタン人のオムル・べカリ氏は、『施設内では早朝から深夜までウイグル人を“中国人化”する再教育が行われる。収容者は鎖につながれ、革命歌を歌わされて『党に感謝、国家に感謝、習近平主席に感謝』と大声で言わされる』と“洗脳”の実態を証言しました」(福島氏)

 2018年9月、国連人種差別撤廃委員会は「最大100万人のウイグル人が再教育施設に入れられている」と報告した。

 なぜ、中国当局はウイグル人をそこまで敵視するのか。もともと新疆地域は独立運動が盛んで暴動も頻発していたが、中国政府による徹底的な締め付けが始まったのは、2013年に習近平が国家主席に就任してからだという。

「ウイグル弾圧の大きなきっかけは、2014年4月に習近平が新疆ウイグル自治区を視察中に起きた“爆破テロ事件”です。いまだに謎の多い事件ですが、自分の命が狙われたと怖れおののいた習近平は保身のため『イスラム教の中国化』を掲げて、チベットを徹底的に弾圧して名を馳せた陳全国を新疆ウイグル自治区の書記に任命しました。

“泣く子も黙る”と怖れられる陳全国は、ムスリムの習慣にのっとった結婚や葬儀を行うことや、ベールを被ったり髭を蓄えることなどを禁止しました。さらに当局の言うことを聞かないウイグル人を一方的に拘束して、再教育施設送りにしたのです」(福島氏)
 
 現在、日本では2000人前後のウイグル人やウイグル系日本人が暮らしている。人権が世界共通の価値観となっている現代、新疆ウイグル自治区で起きている出来事は日本にとっても決して他人事ではない。

「多くの在日ウイグル人は親族や知人が再教育施設に収容されたり、連絡が取れなくなったりしています。中には親族が10人以上収容されたり、ある日突然、『〇〇さんは再教育施設で急死しました』と連絡がきたりするケースもあります。

 家族が収容所送りになっても当地では電話やメールが監視されるので詳しく事情を聞けないし、日本にいるウイグル人同士でも“この人は中国のスパイかもしれない”と疑心暗鬼になり、本音を言い合うことができません。日本にいても自由を謳歌できず、人知れず怯えているウイグル人がいることを多くの日本人には知ってもらいたい」(福島氏)

 いま中国で進行しているのは人類史の中でも際立つ悪行であると福島氏は指摘する。

「習近平の究極の目的は、彼の掲げる世界戦略『一帯一路』の要の土地である新疆ウイグル自治区を制し、世界中に中華圏を拡大して、対米ヘゲモニー戦争に勝利することです。そのために1000年以上の歴史を持つウイグル人の文化や言語、民族的な価値観などを徹底的に排斥して、中国人と同化させようとしています。

 このまま中国共産党のウイグル政策を放置すれば、ウイグル語とウイグル文化、音楽や文学や詩や絵画、民族固有の伝統美や習俗はこの世から消滅します。習近平が断行しているのは非人道的な民族浄化であり、ウイグル版の文化大革命なのです」(福島氏)

 米国のポンペオ国務長官はウイグル人弾圧について「現代における最悪の人権の危機。今世紀の汚点」と中国政府を厳しく批判する。伝統あるウイグル人の歴史そのものを抹殺しようとする「文革」を止めるためには、国際社会の結束が求められる。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

あわせて読みたい

「ウイグル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    スポーツ論じて滑るTBSサンモニ

    メディアゴン

  4. 4

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  6. 6

    チュート徳井が謝罪「私の怠慢」

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  8. 8

    皇位継承に養子案と旧宮家復帰案

    長尾敬

  9. 9

    木村拓哉ドラマ予想に反して好調

    NEWSポストセブン

  10. 10

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。