記事

ここに来て現職の国会議員が立憲民主党に入党することのプラスとマイナス

あくまで遠くから見ている傍観者の立場からの感想だが、プラスは金銭面だけで、選挙戦では大してプラスにならないだろうな、と見ている。

立憲民主党の所属議員の数が増えたからと言って政権の座に就くわけではないから、政策実現力が強化されたり政策策定能力が磨かれるわけではない。

無所属のままでも小選挙区で勝ち抜けるような強固な選挙地盤を有しているごくごく小数の特別な人を除けば、立憲民主党の執行部の言いなりにならざるを得ないような兵隊の一人になるだけで、選挙に弱い人はいつまでも弱いままに終わってしまうだろう。

まあ、どうにかこうにか数の内には入るだろうが、殆ど存在感を発揮することは出来ないはずだ。

この段階で立憲民主党に入党してしまうと、大体の人はもはや世間の注目を浴びる存在にはなれない。

知名度や存在感をアップするチャンスを逃してしまったとすれば、どちらかと言うとマイナスに働くと考えておいた方がいいのかも知れない。

国対委員長のような目立つポジションを与えられた人はいいだろうが、そういう世間の注目を浴びるようなポジションを与えられなかった人には多少の不満が残るはずである。

何にしても、皆さん、それぞれにご自分の存在をしっかりアピールすることである。
そのためには、ご自分の得意分野、専門分野をしっかり磨かれた方がいい。

この分野はこの人に任せるのがいい。この人しかいない。
そう、周りから言われるような存在になられることである。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    スポーツ論じて滑るTBSサンモニ

    メディアゴン

  4. 4

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  6. 6

    チュート徳井が謝罪「私の怠慢」

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  8. 8

    皇位継承に養子案と旧宮家復帰案

    長尾敬

  9. 9

    木村拓哉ドラマ予想に反して好調

    NEWSポストセブン

  10. 10

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。