記事

自民党は、参議院埼玉選挙区補欠選挙にどう臨むのが望ましいか

さすがに先の埼玉県知事選挙で相手候補の陣営に入ってその陣頭指揮を執った上田氏への相乗りは出来ないだろうと思っている。

上田氏は一部の方から選挙の鉄人なる異名を奉られているそうだから、自民党から候補者を擁立しても所期の成果を挙げることは難しいと考えるのは自然なことである。
しかし、だからと言って候補者を擁立しないというのも難しい。

来るべき衆議院の解散・総選挙を視野に入れれば、自分たちの陣営の士気が落ちるようなことはしたくないはずだ。

進も地獄、退くも地獄、などと揶揄する声も出ているが、ファイティングポーズはどうしても取らざるを得ないはずである。

ご本人に負ける選挙を戦うだけのファイトが残っているか疑問ではあるが、ここは青島健太氏にもう一度チャレンジをお願いしてみるのが筋だろう。

知事選挙よりは、遥かに参議院議員の方がご本人には似合っている。

ひょっとしたら判官贔屓で青島氏に目(あるいは芽。どちらでも)が出てくるかも知れない。
ダメ元でご本人に当たられたら如何か。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。