記事

盛り上がりに水を差したくはないのだけど・・・

1/2

ラグビーのワールドカップが始まった。

4年前の英国W杯での大躍進、そして、その流れを受けての自国開催、ということもあり、世の中的にはまぁまぁ盛り上がってはいるのかな、という雰囲気はある。

ただ、開幕戦となったロシア戦、試合そのものにはボーナスポイント付きで勝った(30-10)ものの、そこまで揺さぶられるものはなかった。

自国での晴れ舞台&開幕戦の独特の雰囲気にのまれたか、ミスから先制を許す、という最悪の形での試合への入りを目撃することになってしまったことも理由の一つ。

これまでのW杯とは異なり、対戦相手の組み合わせにも、日程的にも非常に恵まれている、というのが今大会の日本代表なのだが、初戦の戦いぶりを見る限り、POOL A最上位のアイルランドにはもちろん、スコットランド相手にも勝てそうな雰囲気は感じられなかった*1

もちろん、冷静に考えれば、後半の最後の10分、20分を、これだけ安心して見ていられた試合、というのは、2011年以前のW杯はもちろんのこと、前回の大会でもほとんどなかったから、PNCで見せた圧倒的な強さとか、大会前の「好調」という報道に煽られて期待感が高まり過ぎているのでは、と言われればそれまで。

むしろとびぬけたスリルや興奮を観戦者に与えることなく、「白星」という結果を出せるようになったことに、「チームの進化」がある、というべきなのかもしれない。

だがもう一点自分が気になったことがあって、それは、日本代表としての「連続性」である。

いろんな縁があって、前回のW杯の翌年くらいから、年2試合くらいのペースで秩父宮に試合観戦に行くようになったこともあり、代表チームも、そこに選手を送り出す国内のトップリーグのチームの歴史もそれなりに追いかけてきたつもりなのだけど、スーパーラグビーの日程等との兼ね合いで”ベストメンバー”の日本代表をなかなか見られないうちに、蓋を開けてみたら、2015年からの流れで”代表の顔”だろう、と思っていた何人かの選手が、W杯本番のメンバーに入っていない、という事態になっていた。

この点に関して言えば、サッカーの世界でもW杯の間の4年間でメンバーが大幅に入れ替わることは当然にあるし、一次予選、二次予選くらいまでチームの主力を担っていた選手が、負傷や移籍等をきっかけに、ある時期から急に招集されなくなってW杯や五輪の舞台に立てない、ということだって時々ある話で、「最強のメンバーで本番に臨む」という精神からすれば、コンディション等々の状況に応じてその大会でベストのパフォーマンスを発揮できる選手を選ぶ、というのが正しい選択なのだろうとは思うのだけれど、誰もが「次のW杯では絶対主役になる」と思っていた立川理道選手が名を連ねていない代表って何なのだろう・・・という気はする*2

自分とて、ラグビーの世界特有の”ダイバーシティ”を否定するつもりは全くないし*3、生きのいい若手選手を積極起用する、というのも決しておかしなことではない。

ただ、南アフリカ戦のメンバーが、ロシア戦の先発に5人しか名を連ねておらず、しかも、代わりに先発に入っているのは、キャップ数がようやく2桁に達するか達しないかくらいの、ここ2,3年の間で、初めて代表に選ばれたような選手たちばかり、ということになると、やっぱり寂しい気持ちにはなる。

ラグビーの場合、サッカーのように国内リーグ戦での活躍が大々的に報じられる機会が少ないし、サンウルヴスにしてもチームの勝ち負けを超えて、選手一人ひとりにスポットライトが当たる機会はそうあるわけではない。そして、どんなに弱小チーム相手の親善試合でも世界中からメンバーを揃えられるサッカーとは異なり、「代表戦」の位置づけがまたちょっと微妙なものになっていたりもする*4

だから、トップリーグに始まってスーパーラグビーから代表戦まで、本当に熱心に張り付いてみてきたコアなファンなら納得できるのかもしれない今回のメンバー選考も、時々試合を見に行ってその時々のメンバーをチェックする程度のライトなファンには、今一つ意図が伝わってこないわけで・・・。

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  2. 2

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

  3. 3

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    消費税率戻さねば辻褄合わぬ政府

    自由人

  5. 5

    「日本は核保有国と共犯」に反論

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    渡部の現在「格闘家みたいな顔」

    SmartFLASH

  7. 7

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  10. 10

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。