記事

何かを得るには何かを犠牲にしなければならない論はウソ

よくありがちな話。 何かを得るには何かを犠牲にしなければならない論ってありますけどこれウソですから!デタラメですから!信じなくていい。

なんかもう日本人ってバカなのか人生楽しんじゃいけないとか、どこかで我慢しなきゃいけないとか、忍耐が必要だとか、ラクして稼いじゃいけないとか、いいことあったら悪いこともセットだとかそういう幼稚な考えを思い込みすぎ。

何か得るには何かを犠牲にしなきゃいけないなんてことはない。うまくやっている人は得るものは得て犠牲なんてほとんどない。いや、むしろ得るものが多い人はその得るものの、パワーを使いますますいろんなものを得ることができ、犠牲にするものを最小限にすることができる。

私、昔言われたことですけど、編集プロダクション勤務時代に結婚したっていったら、クリエイターの道をあきらめるのかとか、独立起業あきらめるのかみたいなことを言われて驚いたことがある。

結婚=何かを得たら仕事=何かを犠牲にしなくてはならない論の典型的例だと思うんだけど、別に結婚したからといって仕事を犠牲にする必要はない。

女性なら、結婚したら家事や育児を優先しなくちゃいけないから、仕事を犠牲にしなくちゃいけないんじゃないかと思うかもしれないけどそんなことはない。いくらでもうまいこと両立している人はいくらでもいる。

結局、何かを得るには何かを犠牲にしなければならないと思い込んでいるから本当に何かを犠牲にしちゃうんですよ。そんな論、ウソだ。何も犠牲にしなくても得られるものはあると思えば、何も犠牲にせずともいろんなものを得られる可能性は十二分にある。

そもそも犠牲にしなくちゃ論って、ようは自分が努力することを放棄するための言い訳として利用しているだけなんですよね。

何かを得たら何かを犠牲にしなくちゃいけないから仕方がないと思うことで、自分が努力しなくてもいいようにしているだけ。

だからぜひみなさん。このウソ論に騙されないように。何かを得なければ何かを犠牲にしなくちゃいけないなんてない。

自分の人生、何をしたいのかを明確にしてそれをするためにどういう環境がよいのか、どういう人と付き合うのがよいのか、どういうことをしたらいいのか、とことん考え行動すれば何も犠牲にせずともあれもこれもいいとこどりをできるはず。

あきらめないで。あなたの意志と努力で人生はどうとでもなる。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  2. 2

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  3. 3

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

  5. 5

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  6. 6

    トランプ氏「ハリス議員は性悪」

    WEDGE Infinity

  7. 7

    芸人と放送作家のいびつな関係性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    宗男氏「玉木代表は保守政治家」

    鈴木宗男

  9. 9

    周庭氏過去に「日本留学したい」

    田中龍作

  10. 10

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。