記事

いつもがむしゃら、みんなに笑顔……ファイターズに杉谷拳士選手がいる幸せ 文春野球コラム ペナントレース2019 - 斉藤 こずゑ

 9月の過ごし方を私たちは何通り知っているんだろう。優勝へと驀進する9月。“なんとかCSをホームで!”とこぶしを握る9月。“そうか3位か、よし、だったら下剋上だ!”の9月。“お願い、最下位だけはどうにか……”と祈る9月。“ああ、もう無事にシーズンが終わってくれればただそれだけで……”と身を寄せ合う9月……。私たちはいろいろな9月を知っている。そして、そのどんな9月でも寄り添ってくれるのが「杉谷拳士」なんだ、と私は思う。

この記事の写真を見る

いつもがむしゃらなムードメーカー

「いつだって出たい出たいと思ってます。出来れば固定された所で試合の頭から出たい。やっぱりそれが本音ですよ」

 杉谷選手にインタビューするといつもこのフレーズに行きつく。そしてこう続く。

「だけど今の僕の立場は与えられたところで仕事をすること。いろいろな場面で使ってくれる監督の気持ちに応えたい」

 スイッチヒッターで内外野どこでも守ることが出来る。ユーティリティプレーヤーの杉谷選手はチームにとっては常にベンチにいてもらいたい貴重な存在であり、その出番は試合途中からが多くなる。いつ呼ばれるかわからない上に、その時どきで彼の場合は求められるパターンが異なる。代打であれば、“どかんと一発!”がほしい時もあれば、流れでチャンスメイクの場合も、手堅くバントを成功させてほしいシーンもある。代走で出ればその後の守備も様々でバッテリー以外はどこだって守る準備は出来ている。練習はスタメンだろうと途中からだろうと何も変わらない。11年目の今でもかなり早くに球場に姿を現す。誰にでも笑顔で大きな声で挨拶をする、それもずっと変わらない。


常にベンチにいてもらいたい貴重な存在の杉谷拳士

 名門、帝京高校から入団テストを経てのドラフト6位指名。2009年、ルーキーイヤーの沖縄2軍キャンプ、国頭。同期の中島選手と一緒に居残りで、当時の三木肇コーチからノックを受けていた姿を今でも思い出すことがある。見学のファンもすっかり帰ってしまった夕暮れ間近のグラウンドで必死にボールを追いかける杉谷選手は、まだまだ細くてボールも逸らしてばかりだった。それでもどんなに失敗しても声は小さくならない。三木コーチへの「お願いします!」が広いグラウンドに何度も響いた。「がむしゃら」ってこういうことなんだなと思った。どんなにキャリアを積んでもこの言葉が杉谷選手には似合う。

 彼にはもうひとつ重要な役割がある。「ムードメーカー」というポジション。意外なことにそれについては、自分では意識したことはないという。野球を楽しんで好きなようにふるまっているだけ。なんてうらやましい才能なんだろう。この明るい性格は、先輩にも後輩にも外国人選手にだってよく好かれる。監督も杉谷選手が大好きだ。

「だったらもっと出してくれてもいいんですけど(笑)」

 いつだったか、それをそのまま監督に話したら、「かわいいからそばにおいておきたいんだよ」と監督も笑った。

荒んだ気持ちを和らげてくれたパフォーマンス

 9月16日、祝日デーゲーム。ファイターズは今年最後の道内地方試合を旭川でホークスと戦った。この日は試合が始まってから雨が強くなり8回表に降雨コールドでファイターズは勝利をあげた。試合後、最後まで雨の中で応援してくれたファンにパフォーマンスを見せたのが杉谷選手だった。

 今季限りで引退する先輩・田中賢介選手のユニフォームを着て「偽けんすけ」として濡れたグラウンドに水しぶきを存分にあげてのヘッドスライディング。ファンもベンチも、サプライズされた賢介選手も大いに笑った。賢介選手とファンへの感謝の気持ちを杉谷選手らしく表現したシーンだった。そういえば、“デッドボールが当たった、当たった!”と伝説の達川光男さんなみにアピールして主審に「NO!!」と突っぱねられた試合もこの旭川だったっけ。思い出すだけで口元が緩む。

 あの日、もうファイターズには自力優勝の可能性も2位の可能性も消えていた。あんなに調子のよかった7月から急降下、8月は5勝しか出来なかった。チームの成績に気持ちを荒立てるファンは当然いる。あのパフォーマンスはその荒んだ気持ちも和らげてくれた気がする。

 笑顔のないところに笑顔を運ぶ。笑顔があるところにはもっと大きな笑顔を運ぶ。どんな時も杉谷選手はチームとファンに寄り添ってくれている。

 残りの試合、どんな場面で杉谷選手がコールされるだろう。期待通りの活躍をしてくれたら、精一杯の拍手と声援を送ろう。“おっと、そうじゃなくて……”の時は、遠慮なく、ふか~くため息をつこう。このため息だって杉谷選手からのギフト。この世の終わりかと思うくらいに肩を落とす杉谷選手に、切り替えのチャンスを貰う。そこまで落ちてる人を責め立てるほど私たちは人が悪くないし、時間もない。

 杉谷拳士選手がいる。彼のいろいろな表情を思い浮かべながら噛みしめる。私たちはなんて幸せなファンなんだろう。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/13711 でHITボタンを押してください。

(斉藤 こずゑ)

あわせて読みたい

「北海道日本ハムファイターズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  4. 4

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  6. 6

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

  7. 7

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  8. 8

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  9. 9

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。