記事

東京モーターショーの落日 注目度ダダ下がりの2つの要因

来場者数が全盛期の半分以下になってしまった東京モーターショー(時事通信フォト)

リーマンショック後の2009年以来、10年ぶりに不参加を表明したBMW

日本のユーザーも多いVW(フォルクスワーゲン)も不参加

 今年は2年に一度となる東京モーターショーの開催年であり、10月24日~11月4日にかけて46回目の開催が予定されている。しかし、その東京モーターショーは、かつての輝きを失いつつある。それには、いくつかの要因があった。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

【写真】2017年の東京モーターショーと美女コンパニオン

 * * *
 かつての東京モーターショーは“世界5大ショー”と呼ばれ、非常に高い注目度を誇っていた。昭和の終わりから平成初期にかけては、毎回の来場者数が100万人を超えており、平成3年には過去最高の201万8500人の来場者を記録している。

 ところがリーマンショックを経た2009年以降、その来場者数は激減。近年はだいたい70~90万人というところ。往年と比べると、なんとも悲しい状況に陥ってしまった。まさに落日の様相を呈している。

 では、いったい、なぜ東京モーターショーは、そんな状況になってしまったのか。それには、2つの大きな理由があると言えるだろう。

 最初の理由は、世界市場における日本の地位低下だ。昭和の時代から平成の初期にかけて、日本の自動車市場は、北米に次ぎ、欧州と肩を並べる大きな存在感を放っていた。ところが平成になって中国市場が爆発的に拡大して北米を抜いてしまった。

 他にも、アセアンなどの新しい市場も着実に成長してきた。そうした新興市場でもモーターショーは当然のように開催されるため、新たなライバルが登場したことで相対的に東京モーターショーの注目度が下がってしまったのだ。

 2つ目の理由は、モーターショー自体の存在意義の低下だ。インターネットが普及する前は、各国で開催されるモーターショーは、世界各地のメディアが一堂に介する場であった。そこで新型車を発表すれば、効率的に世界中に情報を伝達できる。

 しかし、インターネットの登場ですっかり様子は変わってしまった。新型車の発表をインターネットで世界同時中継することも可能となったのだ。そのため、わざわざモーターショーで、何かを発表する意味合いは低下してしまった。

 

 さらに世界市場が拡大し、それぞれの市場でモーターショーを開催するようになると、ひとつひとつのショーの重要度も、当たり前のように小さくなる。そのため“すべてのショーに参加するのをやめて、参加するショーを厳選する”という自動車メーカーが登場した。最初は小さな動きであったが、ここ2~3年で、その動きは一気に拡大している。

 例えば、ドイツのフランクフルト、フランスのパリのショーでも、参加見送りをする自動車メーカーが続出。2019年9月開催のフランクフルトのショーに参加する日系メーカーはホンダだけ。あとはすべて棄権している。

 もちろん、そうした流れは、東京モーターショーにも直撃している。今年の東京モーターショーに出展する海外ブランドは、メルセデスベンツ、スマート、ルノー、アルピナのみ。出展者が減れば、当然のように出展される内容も乏しいものとなる。そうしたことが、東京モーターショーの注目度の低下と来場者数の減少という結果を生んだのだ。

 さらに今年の東京モーターショーには大きな試練が降りかかる。それが2020年に開催される東京オリンピックだ。オリンピックの都合によって、会場の使用が大きく制限されるのだ。

 これまでの東京モーターショーは、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた。当然、1か所だけだ。ところが、今年は東京ビッグサイトを全面的に使用することができず、隣の駅に設置された分館とメガウェブ(※江東区青海のパレットタウン内にあるトヨタ自動車の展示ショールーム)も併用することになった。

 つまり展示会場が2か所に分断される。その距離は600m以上。無料シャトルバスや展示兼用の通路も用意されるが、利便性は大きく低下する。ただでさえ辛いのに、さらなる過酷な条件が追加される、まさに“泣きっ面に蜂”状態。それが今年の東京モーターショーなのだ。

 とはいえ、残念ながら世界的な潮流を変えることはできない。東京モーターショー側が変化するしか対応策はないだろう。

 変化への意気込みが感じられる内容もなくはない。例えば、メガウェブ会場で開催される「FUTURE EXPO」は、NTTやパナソニック、NEC、富士通といった自動車メーカーとは違った企業による先進テクノロジーとサービスの展示だ。他にキッザニアとのコラボや、eスポーツの開催も予定されている。クルマだけではなく、日本全体の技術やサービスをアピールする展示になる。こうした新しい取り組みを増やすことで、東京モーターショー復活の可能性はあるかもしれない。

 東京モーターショーに行けば、なにか未来が見える──。そういったショーになることができれば、新たな価値も生まれるのではないだろうか。

あわせて読みたい

「東京モーターショー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  8. 8

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。