記事

スポーツで連携始めたTV局、東京五輪前の団結で再浮上狙う

安住アナはNHKにも”登場”

 テレビ各局は他局より少しでも高い視聴率を獲ろうとしのぎを削るライバル同士だ。だが最近、各局が連携して取り組む動きが見られる。しかも、スポーツのコンテンツでそれが顕著だ。いったいなぜか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【別写真】166cmのラグビー日本代表・田中史朗を直撃!

 * * *
 15日に行われた東京五輪代表選考会の「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)」が大きな話題を集めました。ネット上で、白熱したレースと同等に視聴者の注目を集めたのは、男子を中継したTBSと女子を中継したNHKの連携。番組開始から約4分間、両局で同じ映像が流れたほか、TBSの安住紳一郎アナとNHK『グッと!スポーツ』MCの相葉雅紀さんが並んでトークしたことで視聴者を驚かせました。

 その後も、映像を共有して互いの途中経過を伝え合ったり、アナウンサーが互いのスタジオでリポートしたり、局の枠を越えて連携。男子のTBSが16.4%、女子のNHKが13.5%と、日曜午前中に合計29.9%もの高視聴率を獲得しました。ネット上を見ると、「TBSとNHKをザッピングしながら見た」「テレビを2画面表示にしてTBSとNHKを同時に見ていた」などの声が多く、両局の連携が好意的に受け止められていたのは間違いないでしょう。

 同様に、20日開幕の「ラグビーワールドカップ2019日本大会」でもテレビ局の連携が見られます。日本テレビは19試合を生放送、NHKは録画を含めて31試合を放送しますが、まずは開幕前のPR番組で両局が連携。

 16日に放送された『くりぃむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人 ラグビーW杯開幕直前SP』(日本テレビ系)に、『グッと!スポーツ』(NHK)MCの相葉雅紀さんが出演。日テレ系ラグビーW杯スペシャルサポーターの櫻井翔さんとの共演で盛り上げました。

 また、18日には『グッと!スポーツ 開幕2日前でも間に合う!ラグビーW杯直前SP』にも櫻井翔さんと日本テレビの水卜麻美アナが出演。どちらの番組にも、驚きとともに称賛の声が目立ちました。

 さらに、日本テレビとTBSのドラマ『ノーサイド・ゲーム』の連携も実現。9日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP』(日本テレビ系)に『ノーサイド・ゲーム』で俳優デビューした元日本代表主将の廣瀬俊朗さんが出演し、ラグビーワールドカップとドラマの両方をPRするという異例のコラボが話題を集めました。

 この秋、なぜ局の垣根を越えた連携放送が続いているのでしょうか? 狙いと今後の可能性を掘り下げていきます。

◆連携してネットコンテンツに対抗

 スポーツ中継による連携には、「いよいよ来年に迫った東京オリンピックを盛り上げよう」という狙いがあるのは間違いありません。1964年以来、56年ぶりの自国開催だけに、各局が通常のオリンピック以上に力を入れ、人とお金をかけて、スポーツ中継に力を入れているのです。

 また、ラグビーワールドカップは日本どころかアジア初開催であり、来年のオリンピックと合わせて「2年連続で世界的ビッグイベントが行われる」という極めて珍しい状況に、テレビ業界全体のテンションが上がっている様子が伝わってきます。

 ただ、テレビ局は営利事業であり、公共放送のNHKも放送内容や存在意義が問われているだけに、「スポーツ界をサポートしよう」というピュアな姿勢ばかりではないでしょう。オリンピックを前に盛り上がるスポーツ界の勢いを借りて、「ネットコンテンツや他のエンタメに押されがちなテレビのイメージを回復し、失ったシェアを取り戻そう」という共通の意志があるようです。

 日々情報があふれる現在は、テレビ局同士で視聴率争いするのではなく、テレビ局同士が連携してネットコンテンツや他のエンタメに対抗しなければいけない時代。「視聴者にもっと喜んでもらうためには何をすればいいのか?」という視聴者ファースト、あるいは「どんな形が最も効果的なPRになるのか?」というスポーツファーストの姿勢を見せて結果につなげたいところでしょう。

 つまり、「視聴者やスポーツのためを思ったら、テレビ局同士でバトルするよりも連携すべき」という発想の転換。その姿勢はビジネスライクではなく、どこか清々しいスポーツマンシップを感じさせるものであり、大同団結する様子で話題性を高めているほか、テレビそのもののイメージアップにつながるのではないでしょうか。

◆バラエティや音楽番組でも連携できるか

 実際、15日の『ノーサイド・ゲーム』最終話を見た視聴者の「感動した。金曜からはじまるワールドカップは絶対見る」という書き込みに多くの「いいね!」が押されたように、イメージアップの効果は上々。

 ネット上には、「視聴者にとってどうでもいい視聴率で争うより、こういう面白いコラボをもっとすればいいのに」「スポーツだけでなくバラエティや音楽番組でもやってほしい」などの声も見られました。

 ただ、まだ多くのスポーツ中継でテレビ局同士の連携が見られるわけではありません。事実、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」(日本テレビ系)と「ワールドカップバレーボール2019」(フジテレビ系)の日本代表戦生中継が10月5日と13日の夜に重なってしまいますが、今のところ両局の連携は発表されていないのです。

 各競技の日程上、放送が重なってしまうのは仕方がないとしても、テレビ局同士がバチバチの視聴率バトルをしても視聴者はしらけてしまうだけ。「ラグビーもバレーも、秋の夜はテレビで日本代表を応援しよう!」という連携を見せるほうが時流に合うでしょう。

 私の知る限り、各局のテレビマンたちは、「見たいときに見たいものを見たい場所で見られる」ネットコンテンツに使い勝手の点で大きく劣っていることを認めています。だからこそスポーツ中継に限らず、さまざまなジャンルの番組でテレビへの興味関心を上げるために、各局の連携はますます盛んになっていくのではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  4. 4

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    菅義偉内閣を直ちに組閣すべき

    PRESIDENT Online

  8. 8

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  10. 10

    未だ35% 内閣支持率の高さに驚き

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。