記事

ニセコの不動産はどこまで上がるのか?

日本経済新聞によれば、国土交通省が発表した基準時間は前年比で0.4%の上昇となり、前年比で27年ぶりの上昇となりました。日本の地価がようやく全体として下げ止まる傾向になってきていることがわかりました(図表も同紙から)。

しかし、地域によってかなり格差があります。今回目立ったのは、札幌、仙台、広島、福岡というような、いわゆる地方の中核都市の地価上昇が目立ったことです。

一方、地価が上昇を続けてきた東京でも、杉並の商業地の基準地価が下落に転じるなど、変調の動きもありました。

掲載されていた住宅地と商業地の上昇率ランキングを見ると、北海道の倶知安が商業地も住宅地も上位を独占していることがわかります。これは、いわゆるニセコスキー場の周辺地域です。倶知安はその玄関口になる地域になります。

ニセコに関しては、北海道と拠点に活躍する不動産投資家で「日本のロバートキヨサキ」と呼ばれる末岡よしのりさんと、10月に現地に行く予定にしています。本物のロバートキヨサキ氏のセミナーと視察を組み合わせた、ニセコ・札幌不動産プレミアム視察ツアーも企画して、既に15名以上の申込が入っています。

北海道新幹線も建設が進み、倶知安町岩尾別に、パーク・ハイアット・ニセコHANAZONOが、そしてニセコ町字東山にザ・リッツカールトンリザーブという高級リゾートホテルが相次いでオープンします。不動産投資家としては、今のうちに是非見ておきたいエリア。

一人で行くのではなく、投資家仲間と一緒に北海道のグルメも楽しみながら、何が起こっているのかを自分の目で見てくるつもりです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年9月20日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「不動産」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。