記事

東電旧経営陣3人無罪

2011年3月の福島第一原発事故を巡って、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣元会長(79)など旧経営陣3被告に、東京地裁は、昨日19日、無罪の判決を言い渡しました。永渕裁判長は「事故を回避するために、原発を止める義務を課すほどの津波の予見可能性はなかった」と判断しました。

また、予見の前提とされた国の地震予測「長期評価」の信頼性を否定したことには、批判も出ています。東日本大震災による福島第一原発事故について、福島の住民などが2012年6月、東電幹部や国の関係者などを告訴・告発しました。東京地検が全員を不起訴にしたのに対し、検察審査会は旧経営陣3人に絞って、2度にわたって「起訴すべきだ」と議決しました。

これによって、2009年5月に導入された強制起訴制度の9例目の対象事件となり、2017年6月から公判が始まっていました。一時は、16万人以上が避難し、8年以上が経った現在も約4万2千人が避難を続けています。

これだけの事故について、誰も責任をとらないのはおかしい、という感情は、多くの人がもって当然だと思います。しかし、検察が起訴して、裁判所が不起訴にしたものを、検察審査会の強制起訴によって覆すのは、難しいといわれています。

裁判の争点は、事故を予見できたか、被害の発生を防げたかの、主に2点でした。争われたのは、国が2002年に公表した地震予測「長期評価」を基に、東電が得た試算の信頼性でした。

検察官役の指定弁護士は「長期評価は専門家が十分議論して公表したもので信頼できる」と主張し、弁護側は「具体的な根拠が示されておらず、信頼性がなかった」と反論していた、ということです。

判決は、長期評価は「十分な根拠があったとは言い難い」として退けました。避難者などが、国や東電に損害賠償を求めた民事訴訟では、東電は津波を予見できたと判断し、電源の高台移転などの対策を取らなかった過失を認めた判決が出ているのに、何が違うのでしょうか。

刑法は個人を処罰するので、組織の決定に対する個人の責任を問うことの難しさを浮き彫りにした、とされています。そうであれば、組織を罰する仕組みを検討する必要があるのではないでしょうか。

検察審査会が強制起訴し、有罪となった事件が少ないことから、その意義を問い直す声もありますが、今回も含めて後半で様々な情報が開示されることには、意義があると思います。

それにしても、これだけの事故で、誰も処罰されないことには、納得がいかない方が多いと思います。

あわせて読みたい

「東京電力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    男性を手玉にとる若い女性の不安

    幻冬舎plus

  2. 2

    年金生活者に支援給付金の新制度

    Hirotaka Kanno

  3. 3

    野口健 グレタさんを非難し賛否

    女性自身

  4. 4

    昇進に影響? 忘年会スルーへ警鐘

    かさこ

  5. 5

    韓国が安倍政権を叩き始めたワケ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    サンド M-1でアマに負けた悔しさ

    幻冬舎plus

  7. 7

    ヘイト禁止条例に潜む日本人差別

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    ネット投稿に熱中する孤独な人々

    文化通信特報版

  9. 9

    反日種族主義の著者が韓国で糾弾

    文春オンライン

  10. 10

    西武・松坂の不可解な縁故採用

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。